太平洋上の離島・利島上陸。ゆり丸、高速船、さるびあ丸出入港風景【在りし日の貨客船ゆり丸乗船記③】 | 湘南軽便鉄道のブログ

湘南軽便鉄道のブログ

「湘南軽便鉄道」です。

本ブログは鉄道・バス・船舶・航空機・模型等について記録も兼ねて記事掲載。

その他、5インチゲージ自家用乗用鉄道「湘南軽便鉄道」についても掲載。路線は湘南本線(ベランダ線・路程約0.01km)があったが現在廃止。新たな路線建設模索中。

(前回記事の続き)


(伊豆諸島・利島港を出港する貨客船ゆり丸)



★過去記事↓↓↓






2021.10.26引退・神出鬼没の貨客船・ゆり丸
2021年(令和3年)10月26日(火)をもって、伊豆諸島開発の貨客船「ゆり丸」(469総トン)引退。

「ゆり丸」は、1998年(平成10年)就航。
定期航路を持たない予備船として、伊豆諸島・小笠原諸島のローカル航路の様々な船がドック入りした際の代船として活躍。神出鬼没の幻の客船として、また、ほぼ貨物船スタイルの貨客船として、船舶愛好家等にも人気があった。

伊豆諸島では、下田〜利島〜新島〜式根島〜神津島〜下田航路(神新汽船︰あぜりあ丸、フェリーあぜりあ)、八丈島〜青ヶ島航路(伊豆諸島開発︰あおがしま丸 など)、
小笠原諸島では、父島〜母島航路(伊豆諸島開発︰ははじま丸など)、
さらに、鹿児島県の吐噶喇(トカラ)列島航路(十島村営船・フェリーとしま)等で、それぞれ定期船がドック入り等の際の代船を務めた。

また、本土(東京港辰巳埠頭、伊東港等)と伊豆諸島を結ぶ貨物船としても活躍してきたが、老朽化により、23年の歴史に幕を下ろした。
引退した「ゆり丸」は整備を受けた後、南太平洋のトンガ王国に譲渡。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2021年(令和3年)10月26日(火)の引退前の最終日は、ドック入り中の神新汽船「フェリーあぜりあ」に代わり、神新汽船の下田〜利島〜新島〜式根島〜神津島〜下田航路を運行する予定だったが、低気圧による海況不良のため全島欠航となり、下田港で記念式典と船内一般公開等のみ実施。
営業運行は、前日10月25日(月)の、神新汽船の下田〜神津島〜式根島〜新島〜利島〜下田が最後になった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆり丸の後継船の貨客船「くろしお丸」(499総トン)は、2022年(令和4年)1月下旬に就航予定。
就航後は、主に伊豆諸島の八丈島~青ヶ島航路に就航し、
貨客船「ははじま丸」がドック入りの際は、小笠原諸島の父島~母島航路の代船としても運行予定。
ちなみにくろしお丸の就航後、八丈島〜青ヶ島航路に現在就航している貨客船「あおがしま丸」は予備船になり、伊豆諸島への貨物輸送や定期船ドック入りの際に青ヶ島航路や神新汽船下田航路の代船として運行予定。

(伊豆諸島開発HPより)



神新汽船(しんしんきせん)が運行する伊豆諸島ローカル航路定期船の代船、伊豆諸島開発所属貨客船「ゆり丸」在りし日の航海
伊豆半島の南端・下田(静岡県下田市)から伊豆諸島4島(利島、新島、式根島、神津島)を巡る貨客船「ゆり丸」に乗船し、利島に向かう。
本来この航路は、神新汽船「フェリーあぜりあ」(495総トン)が就航しているが、同船が定期検査中のため、代船として伊豆諸島開発所属の貨客船「ゆり丸」での運行。


伊豆諸島の離島・利島に到着
下田港を午前9時30分に出発した神新汽船「フェリーあぜりあ」の代船・貨客船「ゆり丸」(伊豆諸島開発)は、午前11時05分、伊豆諸島の離島・利島(としま)の利島港に到着。
ここで乗り換えのため下船。
操舵室(ブリッジ)のすぐ下にセメントタンクがあり、島嶼部にセメントを送る際に使用する。ブリッジの真下にある緑色のカバーに覆われた中には青色の小さなクレーンがあり、船側のセメントホースを吊し使用するもの。

貨物艙とデリックポスト

停泊中も揺れる「ゆり丸」


引退2日前の「ゆり丸」には、引退を惜しむ船ファンなど大勢乗船。下田港発着の「ワンデークルージング」乗船券で7時間ずっと乗り通す乗船客も多い。

下船客が下船すると、すぐにタラップが取り外される。




「ゆり丸」が停泊している桟橋のすぐ隣にある岸壁は防波堤に囲まれた小型船舶用の泊地エリア。
揺れながら小型船舶用の港内に入る高速旅客船。

東京港からやってきた東海汽船の高速ジェット船「セブンアイランド大漁」

東京からやってきた、東海汽船の高速ジェットの下り便のルートは、東京(竹芝港)→久里浜(久里浜港)→大島(岡田港)→利島(利島港)→新島(渡浮根港)→式根島(野伏港)→神津島(前浜港)

揺れながらゆっくり近づく。

乗組員による素早い接岸作業が始まる。



ジェット旅客機のようなガスタービンエンジン音が港内に響く。



午前11時14分、利島港到着。乗降客の少ない利島の停泊時間は僅か1分。

波やうねりにより港湾状況があまりよくないため、利島への高速ジェット船の入港は条件付きだったが、なんとか無事に接岸



 
高速ジェット船の接岸作業が済んだ後、
定刻午前11時10分発の貨客船「ゆり丸」は、利島港を少々遅れて出港

船首では乗組員が係留用ロープを巻き上げる。



ゆっくり岸壁を離れる「ゆり丸」



次の寄港地・新島を目指して去っていく。






 
利島(利島港)を出航した貨客船「ゆり丸」は、この後、新島(黒根港)→式根島(野伏港)→神津島(前浜港)に寄港し、16時30分に下田港に戻る。

島の周りに潮目があり白波が立っている。伊豆半島を遠望。


向きを変え、太平洋を南下していく「ゆり丸」




東海汽船の高速ジェット船の下り便、午前11時15分利島出港

高速船も少々遅れて出港

向きを変え、揺れながら港を去っていく。

ちなみに、利島港を13時55分に出港する東海汽船高速ジェット船上り便、大島・久里浜経由東京行きは、海上不良により利島のみ欠航(抜港)になった。したがって高速船で東京方面に向かう乗船客は、この下り便に乗船し、そのまま折返しの上り便に乗船し続け東京に行くしかない。

左側は東海汽船や神新汽船の貨客船などが使用する桟橋で防波堤はない。右側は防波堤に囲まれた小さな港で小型船舶や高速船が使用。太平洋に囲まれた断崖絶壁の小さな島の港湾整備は厳しい。

翼走状態の高速航行で、次の寄港地・新島を目指し、南下していく高速ジェット船。
遠くには、伊豆半島最高峰の天城(あまぎ)連山が見える。




引退した貨客船「ゆり丸」の今後
乗船から2日後、2021年(令和3年)10月26日(火)、貨客船「ゆり丸」引退当日、神新汽船ローカル航路での最後の営業航海日は、低気圧による海上大時化のため全島欠航。
東京前夜発の東海汽船の大型貨客船の夜行便「さるびあ丸」「橘丸」や、高速ジェット船も全島欠航。

そのため下田港で引退イベントだけ実施された。

(東海汽船公式ツイッターより引用)


今まで「ゆり丸」が代船(ピンチヒッター)を務めていた小笠原諸島の父島〜母島航路は、今後、伊豆諸島八丈島〜青ヶ島航路に就航予定の新造貨客船「くろしお丸」が代船を務め、
下田港発着の神新汽船航路の代船は、青ヶ島航路を引退し予備船になる「あおがしま丸」が今後務める予定。

2021年(令和3年)10月26日(火)夕方、引退した貨客船「ゆり丸」は下田港(静岡県)を出港し、東京港辰巳埠頭(東京都)へ回航。その後、西伊豆(静岡県)の造船所に回航。引退した「ゆり丸」は、南太平洋のトンガ王国へ譲渡予定。




伊豆諸島の小さな離島・利島
貨客船「ゆり丸」や高速ジェット船が去り、静かになった利島港




利島(としま)は、東京から南に約140kmの太平洋上に位置し、東京都利島村に属する小さな離島。村の人口は約300人、周囲約8km。島の周りは断崖絶壁に囲まれており砂浜はない。島全体が椿林に覆われ、冬には一斉に島中の椿の花が咲く。島の産業は椿の実を原料とする椿油の精油や漁業。




利島港船客待合所





船客待合所の真下は、コンテナ置き場


待合所内


客船の発券窓口

東海汽船の東京行き高速ジェット船(ジェットフォイル)は、波やうねりにより港湾状況が悪いため欠航


東海汽船の先代(2代目)さるびあ丸の模型が飾られている。



島の北側に位置する利島港

北方向には伊豆大島が見える。

左側の防波堤がない桟橋は、東海汽船の大型貨客船「さるびあ丸」などが接岸する岸壁で、波やうねりの影響を受けやすい。
右側の防波堤に囲まれた区画は、小型船舶用泊地で東海汽船の高速ジェット船の発着にも使用する。

伊豆半島を遠望

島の北側に位置する島で唯一の集落の小路

平坦な土地のない利島の集落は、島の北側の比較的なだらかな傾斜地にある。

島内は一面、椿(ツバキ)の木に覆われており、1月下旬から3月上旬にかけ、島中の椿の花が一斉に咲く。




東海汽船の大型貨客船さるびあ丸、利島入港・乗船


東海汽船の大型貨客船「さるびあ丸」が利島に入港

神津島を出港し、式根島、新島に寄港し、利島にやってきた。

大島・横浜経由東京行きの上り便「さるびあ丸」


港内で揺れながら向きを変え、接岸作業

西からの季節風が吹き荒れる冬季は、港が高波に洗われ、船は何日も欠航するときも多い。



船首には鳥居型のデリックポストを備えている貨客船

島の港は厳しい地形上、防波堤がなく外洋に直接面した港が多く、カーフェリーのようにランプウェイを使用した自動車航送が困難なため、東海汽船の客船は現代もフェリー化されていない。

現代では稀少な内航貨客船スタイル














無事に接岸


利島港12時45分到着
 
停泊時間は僅か5分間

接岸すると、すぐに船首ではコンテナの荷役作業

タラップが取り付けられ乗下船開始


太平洋に浮かぶ小さな離島で海釣りを楽しみ東京へ戻る釣り客が乗船











船首ではコンテナの積み込み作業中。タラップは既に取り外されている。