KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.


テーマ:
レンタル中のNIKON Dfの外観写真を、適当ではありますが撮影してみました。
購入するとしたらシルバーなので、ブラックの記録を残しておく為の撮影です。
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを装着した状態です。


まずはお決まりの正面カットから。直立のロゴがとてもよく似合っています。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.
D3X PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED


お借りしてから3日ほど経ちますが、撮っていてとても楽しいカメラです。
D600と同じ様なシャッターユニットを使用しているとのことですが、微妙に違う。
フィーリングが何とも言えず素晴らしいので、ついついシャッターを切りたくなります。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.
D3X PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED


Digital Fusion、新しいものと古いものの融合の意味を込めたというDfの名前。
今までのNikonデジタル一眼とは異なるライン、今後の展開はどうなっていくのでしょうか。
金属削りだしのダイアルの質感もしっとりしていて素晴らしいと思います。
シルバーの方が、こうした質感はより感じられるかもしれません。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.
D3X AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



背面は見慣れたNikonのデジタル一眼レフ。丸窓が採用されていることから、
上位機種の扱いを受けていることが分かります。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.

D3X PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED



軍艦部は左右ともダイアルで占められています。モードダイアルとシャッターダイアル、
ドライブモードもここで変更出来ます。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.
D3X AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



左側は、露出補正ダイアルとISO感度ダイアル。
ISO感度が一目見て確認出来るのはとても便利ですね。
Made in Japanの文字が、仙台工場でD4とD800と共に作られていることを
さりげなく主張しています。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.
D3X AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gと共に。
$KEN五島のブログ KenGoshima Photography 北海道の建築・炭鉱遺産・風景写真etc.
D3X PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED




このAF-S NIKKOR 58mm f/1.4G、とても素晴らしいレンズです。お借りした初日に
感動しまくりでした。開放時の浅いピントながらくっきりした描写、そしてアウトフォーカス部の
緩やかで立体感のある描写。人物や建築物など何にでも適していて、建築写真のイメージカットや
炭鉱遺産に大いに活躍してもらえると直感しました。
Dfにはちょっと大柄なレンズですが、もしDfを導入したらほとんどAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを
付けっぱなしになると思います。


Dfは既に初回出荷分が完売したようで、次回入荷が2月とか言われている様ですね。
あまりにもしっくり来るので、今すぐにでも欲しいところです。
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D EDがストレスフリーで使用出来るのも、
私が多いに気に入っている点ですし。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gは更に品薄で、ここ2週間ほどほぼどこも在庫がないですね。
元々の生産数は少ないかもしれないですが、それにしても人気のほどが伺えます。
それも、このレンズの描写を体験した今は納得です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

写真家 KEN五島(五島健太郎)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>