これまでに堀江貴文さんの本を何冊か読んできました

 

ゼロ
逆転の仕事論
本音で生きる
堀江貴文という生き方
君はどこでも行ける


そして図書館でまだ読んでなかった堀江さんの著書を見つけたので、読んでみることにしました。

 

 

 

 

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた  そしたら意外に役立った
¥1,404
Amazon.co.jp

 

 


これは3年前の本ですが、

堀江さんが刑務所から仮釈放されたときに出されたものです。

ミリオンセラーを目指して出版された「ゼロ」も、多くの読者を持つ有料メルマガも、オンラインサロンも刑務所の中で準備されていたんだなと感じました。



この本では、

堀江さんがネットに繋がらなかった刑務所内で情弱にならないよう差し入れてもらった1000冊の本を読んで考えたことが綴られています。

2年半で1000冊読んだだけでもすごいですが、さらにすごいのが決められた懲役や運動をこなしながら、決められた消灯時間を守りながら、メルマガの原稿の下書きも行っていたことです!





もう環境を言い訳にするのがみっともないことだと思い知らされました。

後に堀江さんも刑務所にいる時間は無駄だったと言っていますが、彼はただ愚痴をこぼすだけでなく、刑務所を出たあと速やかに復帰できるよう準備していたのだと思います。



食事・運動・懲役・消灯などを除くと、ほとんど時間がなかったのではないかと思いますが、この状況を多くの人は「時間がない」と言って他に何もしないでしょう。

けれども堀江さんはその中で膨大な量のメルマガの原稿を1週間ペースで書き続け、1000冊もの本を読み切りました。

これは日々仕事や勉強に追われる学生やサラリーマンでも、スキマ時間を活かせば本業以外に将来に向けて何か行動を起こせることを表しているような気がします。

(学生やサラリーマンは、囚人と違って自由なので行動の幅は広いはずですが・・・)




僕は堀江さんが出所した後の著書しか読んでいませんが、この本で綴られていることは他の本で綴られていることと本質は変わらないと感じました。

さらに彼は刑務所内でベストセラーを出したいと思い、たくさんのベストセラーを読み尽くして分析していましたが、この本ではこう結論づけています。

「結局ベストセラーの本は結果論にすぎない。大事なのはゼロからイチを作ることだ。なので違う方法でベストセラーを狙う」



この言葉にはとても共感しました。

YouTubeなどで生計を立てている人の始めた当初の動画から順番に見て分析したところで自分が稼げるようにはなりません。

また、「月収100万円稼げる」とかいった情報商材が出回っていますが、これも結果論に過ぎません。それで稼げる人もいるかもしれませんが、価格と比べるとかなりリスキーだと思います。

これから僕もゼロからイチを作るために1日1日分析と改善をし続けていくつもりです。




■□PR□■

 

 

 

 

 

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた  そしたら意外に役立った (ノ.../角川書店
¥1,404
Amazon.co.jp

 

 


▷もしよければ《いいね》《読者登録》《リブログ》をお願いします
読者登録してね

□■□■□■□■□

KENFEE.COM
「僕のすべてがここに」をコンセプトに何度も改良を重ねてようやくリリースしました。

テクノロジーが世界を変える
テクノロジーのことやテクノロジーが世界を変える現状を多くの人に知ってもらいたいという想いから、ブログメディアを立ち上げました

※現在は、ブログ「毎日をもっと楽しく今を全力で」にリンクします


LINE家庭教師

僕の復習のためにもなりますので、もしよければ質問してきてください