★あらすじ


資産家・長井清の家に強盗が押し入り、金庫が盗まれた。同じころ、神部刑事が亡くなり、その背景には長井家に仕えていた家政婦・藤村晴子の存在があった。また、その家政婦を斡旋する会社の社長・海原政志は、20年前の大森南署で起きた不正な会計処理に関わっていた。これらが入り乱れた警視庁の闇が絡んだ事件の真相とは・・・




長井清殺害容疑で弁護士の道重と長井の娘優香が逮捕された。峰岸雪乃は早すぎる不可解な逮捕に疑問を呈する。七課は上層部の圧力を薄々と感じる。さらに七課がなくなる噂を聞きつけた他のメンバーは休暇願を出し、独自に捜査することを決める。

来宮渚の行きつけの食堂で捜査会議が行われるようになる。まず彼女らは家政婦・晴子が関わって亡くなった人を捜査し始める。



【1人目】藤村喜一郎
喜一郎が亡くなった後、晴子から喜一郎と結婚する約束をしていたと告げられたと言い、さらに晴子が喜一郎から遺言を預かっていたそうで、その内容は全資産を晴子に譲るというものだった。息子夫婦は納得いかず警察に通報したが、公正証書遺言は有効でどうしようもなかったという。



【2人目】神部刑事
晴子が神部刑事に宛てて送った手紙が見つかり、生き別れた息子の進学費用を要求していたことが分かるが、晴子にそんな息子がいないことが分かる。

詐欺の容疑が強まる晴子に聞きに行くが、来宮は悪意も何も感じなかったという。また家政婦・晴子の過去も明らかになり、本籍地が養護施設で、過去に結婚した男性に散々苦労させられてきたことが分かる。



神藤刑事部長の方針に疑問を抱いた捜査一課の北条課長黒田刑事もヒガンバナと共に捜査に加わることになり、藤村家が遺言によって全て家政婦に財産を奪われたため、長井家に押し入った強盗の目的が遺言だったのではないかと推測する。

そして来宮がもう一度長井家を訪れ、シンクロして再度「お前なんか家族じゃない」という言葉を発する。一方その頃、他のヒガンバナのメンバーが長井清の公正証書遺言を調べに行くと、まだ遺言が完成していないことを知る。

来宮と峰岸は藤村喜一郎の息子のもとを訪れ事情を伺うと「長井清も家政婦・晴子に役場に連れていかれ遺言を書かされている光景を目の当たりにし、それを長井清に伝えに家を訪れて金庫を盗んだ」と自供した。

そして長井清は家政婦の過去を知り、遺産を渡さないために自ら管を外して亡くなったことが分かる。「お前なんか家族じゃない」はそんな晴子に向けて言った発言だったのだ。その後、晴子を追い詰めると初めて本音が飛び出し「私は逮捕されないの」と言われる。



しかし上層部は弁護士の犯行の一点張りで動かないため、菊池謙人の助言で被害者たちに協力してもらうことにする。そして被害者たちが訴訟を起こし、マスコミが動き始め、5人逮捕を疑い始めたマスコミに対して警視庁は会見を行うことにする。

その会見を行うのは瀬川すみれ七課課長だった。会見の直前ですみれの前にヒガンバナのメンバーが現れ、すみれは「組織に従ったことで今のヒガンバナがある。理想を突き通すためには間違ったことも受け入れなければならなかった」と話す。

そして峰岸がすみれの頬をビンタして「笑わせないで。そうやって悲劇のヒロインのようにふるまってるからいつまでたってもおやじたちのいいように使われるんだよ」と訴える。



その後の会見ですみれが話したのは久米副総監が渡した内容と異なるものだった。

今回の訴訟は、20年前の不正な会計処理の中心人物だった海原政志が現在運営する人材派遣会社が斡旋した家政婦による詐欺だと認め、さらに来宮悟刑事の事件については、自分の責任だったこと、その事件を使って裏金報道をうやむやにしようとしたことなど全てさらけ出した。

そうして海原政志や藤村晴子が逮捕され、今回の事件に終止符が打たれたのだった。


The END





★レビュー

裏金や遺産が絡んで問題になることが起こるけれど、権力に固執したり、お金を追いかけたりしているように見える。
瀬川すみれ七課課長が言った「理想を突き通すために間違ったことを受け入れなければならなかった」を耳にして、古くから続く組織の闇の根源が不正の隠蔽など間違ったことを受け入れていることだと気づかされました。こういうとき自分はどう動いたらいいのかはまだ分からないけれど、これから先たくさん経験を積んでいきたいです。







▷もしよければ《いいね》《読者登録》をお願いします

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★オフィシャルサイト
http://kenfee.webcrow.jp

★Ameba《オフィシャルブログ》
http://s.ameblo.jp/kenfee-jp

★note《コンテンツプラットフォーム》
https://note.mu/kenfee

★Clear《ノート共有サービス》
http://kenfee.webcrow.jp/clear/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□