あるVチューバーが、雑談配信で、「視聴者にやって欲しくないことは?」という問いに、

「ストーリー物のゲーム実況をやっているときに、チャット欄でネタバレをしてくること」

と言っていました。

演出上で驚かせるポイントがあったとして、既プレイの人は、得意げに「…そろそろくるぞっ!」などと

得意げに書き込みをしてしまって、配信者は新鮮なリアクションを視聴者に見せないといけないのに

それが台無しになってしまうといったことです。

 

でもこの配信者はそのことを止めてほしいと常日頃からは言っておらず、その理由を問われた際にこう答えていました。

「配信はいろいろな人が入れ替わり立ち代わり見ているから、その人に注意して分かってもらっても、

また別の人が同じことをする。注意しても効果がない。諦めた。」

 

私もこのブログを通じて、ネット上の馬鹿たちに注意を促しているのですが効果が見られず残念な想いでしたが

上記の説明を聞いてなるほどな、と思いました。

あー、だからネット上の馬鹿が減らないのか!と。

 

定量的に示してみましょう。

平成30年の新成人が125万人とのことです。これは総務省統計局のサイトに載っている数字です。

うち、10%の12.5万人が前述のVチューバーの配信を1年間に1回見に行ったとしましょう。

うち10%の1.25万人が、前述の様な配信者にとって迷惑な行為をしたとしましょう。

配信者は365日配信していると仮定して、平成30年新成人だけで、1日に34人からの迷惑行為を受けることになります。

配信のテンポを悪くする犠牲を払って、この34人を説得したとしましょう。

それを1年間地道に繰り返したとして、1年後には、次の平成31年の新成人の1.25万人ほどがまた迷惑行為をやり始めます(爆)

 

私も、何度も何度も何度も何度も説明しないといけませんね。

みなさんも、私の過去記事や、以下コピペを拡散ご協力お願いします。

 

〇東京の狭小で5000万円の家の画像を貼り付けて「馬鹿じゃないの?俺の地元ならこんなの1000万円で買える」

 ⇒君の地元なら1000万円で買えることなんて分かっていますが、施主は5000万払って東京に買うことを選択したということです。

  君がこどおじや、無職同然だと理解できないでしょうが、自身が金を稼ぐ側になったとき、多くの仕事は、

  東京で従事する方が有利です。だから高いお金を払ってでも東京に居を構えようとしています。

  キミの地元が「実際の価値よりも安く放置されているお値打ちな地域」なのであれば、ヘッジファンドや

  世界中の天才たちがこぞって投資をするはずですが、していないですよね?

  そんな土地よりも5000万円払って東京に家を買う方が賢い選択ということです。

  間違いなく、施主は君よりも賢い。君が世の中を理解できていないだけ。君の方がズレている。

  

 

〇幅が細い家の画像を貼り付けて「風で倒れそう」

 ⇒間違いなく風では倒れません。

  その様に強度設計がされており、日本国内で建築物と認められている以上、必ず行政による審査を通過しています。

  加えて、家を買ったことのない無知な君たちは知らないでしょうが、建てた側には10年保証の瑕疵担保責任が伴います。

  つまり10年で倒壊する様ないい加減な家を建てると建てた側(を保証する機関)が大損をしてしまうので

  そうならない様、十分な強度が保たれた家のみが建造される社会的構造になっています。

  君が世の中を理解できていないだけ。君の方がズレている。

 

 

東京の狭小住宅が5千万円~1億とかするという記事のレスには必ず、

「こんなものに大金う奴はバカだな。xxなら2千万円でもっといい家建てられるわ」というものがあります。

xxというのは、田舎の土地名ですね。例えば、群馬や鳥取ですかね。

 

じゃこの人らは、発展途上国の人が、群馬や鳥取の家を見て

「こんなものに2千万も払う奴は馬鹿ダヨ。我々の国なら500ペソでもっといい家建てられるヨ」と言ってきたら

どう思うのでしょうか?その国に移住します?しませんよね?(笑)

 

そもそも考えてほしいのですが、日本には東大を主席で卒業した人も、数学オリンピックで金メダルを獲得した人もいます。

その人たちも常々「儲けたい」と考えていますから、

「価値があって、しかし安く売られているもの」(=本質価値と実売価格のギャップ)があれば喜んで資金を投入しようとします。

 

でも、群馬や鳥取の不動産に、そういう天才たちは、原則、投資をしてないでしょ?

つまり、そういうことなんです。

 

 

一つ、私自身の体験話をしましょう。

学生の頃、英語のテストで、英単語が書いてあって1音節目、2音節目、3音節目、それぞれにアクセント記号の点が打ってあって

「正解のものを選びなさい」というものがありました。

私は、「こんな役に立たない暗記問題、馬鹿な文部省の役人が考えたのだろうが、こんなものに取り組むことは無意味だ。もっと他にやるべきことがある」と言って、まじめに学習に取り組みませんでした。

もしあの時ちゃんと勉強していれば、今ごろきれいなアクセントの英語が話せ、Googleあたりに入社し、仕事で今の3倍の付加価値を生み出して3倍の給料を稼げていたかもしれません。

つまりあの当時、この出題をすることでアクセント向上に取り組ませようとしていた大人たちや、その大人の言うことを聞いて取り組んでいた生徒たちのほうが正しかった。

今思えば、当時の私は、視野が狭く、思慮が浅かったのですね。

もしあの頃に戻れるなら戻って、頬をひっぱたいてやりたいです。

「謙虚になれ。謙虚ライオンだ」とね。

 

東京に5千万円で狭小住宅を買おうが、群馬や鳥取に安い出費で豪邸を買おうが、それは個人の自由ですから好きにすればよいのですが、少なくとも、

・彼らが、東京に5千万円で家を買った人に対して、見下す権利はない。

・なぜなら彼らより、東京に5千万円で家を買った人のほうが、多くの場合は、人間的・社会的に上のレベルで、視野が広く思慮が深い。

ということです。

あと付け加えると、群馬や鳥取だと不動産を安く入手できることなんて誰でも知っていて、わざわざ書き込みしてくれなくても良い。情報としての価値はない。ということです。

 

では、最後に、そんな

「こんなものに大金う奴はバカだな。xxなら2千万円でもっといい家建てられるわ」と喜々として書き込みしている君たちへこの言葉を贈ります。

「謙虚になれ。謙虚ライオンだ」

 

 

馬鹿なネットの人たちにあるあるですね。

こういう書き込みをするなら、3億はなくとも、

例えば、「10分の1の3000万円ではあるが自身の手で運用してきて、20年間安定して5%の運用益があった。同じ投資手法で10倍にしてもこれは成立するので、3億を5%で回せる」といった話でなければ、情報としての価値がありません。

 

しかしこの人らは、どうせそういった実体験もなく、ただネット情報の聞きかじりで、「5%で回せるぞ」などと書いて、「俺って、物知りでしょ?」と悦に浸っているわけですね。

 

3億持っている人も、普通の人間なわけですし、なんなら公立小学生のころ、席を並べて一緒に授業を受けた様な人たちです。

しかし、馬鹿なネット民にはその辺の距離感が分かっていませんね。

実体としては、安定的に5%を獲得できる人もいれば、できない人もいます。

そして、「できる側」になるには、運や知識や努力が必要なります。

 

少年ジャンプを一生懸命読んでいる世代のガキが、「プロの格闘家」ときいて、「あの人なら熊でも倒せるぞ!」と思ったりします。

実際は、人間は熊にはかないません。

でも子供は頭がおめでたいので、「プロの格闘家」というレッテルだけで、漫画等の誇張やハッタリを鵜吞みにして、

「俺知ってるんだ!プロの格闘家なら熊より強いから!」と言って、そして、「俺って物知りでしょ?」と悦に浸ってしまう。

 

「3億持っている人」は、なにかのボーダーラインを踏み越えて向こうに行ってしまった「あちら側の人」ではありません。

「3億持っている人」も、結果を出すためには、絶え間なく、運や知識や努力が必要なります。

 

「プロ格闘家が熊を倒せる」というのが幻想であることと同様、「ただ適当に株に突っ込んで寝ていれば毎年5%安定的に得られる」というのはただの幻想です。

つまりあなたの書き込みはガキの言動と同レベルなので、あなたは全然、物知りでも何でもありません。ただの無知、無責任です。

 

 

元ZOZOの前澤友作氏がTwitterで「ロケットで月に行く日が近づいてきた」といった趣旨のつぶやきをしていた際、

それに対する1つのレスがたまたま私の目につきました。

「あなたが地球から居なくなっても悲しむ人は誰もいませんからね。どうぞご自由に」といったレスです。

 

前澤氏を@マークで指していたので、ご本人の目に入る形でのレスでした。

 

当然ですが、現実的には、前澤氏が地球から居なくなったら悲しむ人はいるでしょう。

親族や友人、仕事仲間もいらっしゃるでしょうから。

 

また、前澤氏は、私の知る限り、犯罪や、犯罪スレスレのグレーな行為に手を染めて財を築いた方ではありません。

日本を代表するアパレルショッピングモールサイトを1から創って、「人々の暮らしを少しだけ良くする」という価値を生み出したから、その対価として財を得たわけですね。

まっとうな「起業家」さんです。

 

さて、冒頭の心無いレスをしていた人。Twitterプロフィールを見たわけではないですが、こういう輩は、よく

プロフィール欄に「(障害)手帳持ち」とか「ADHD」「アスペ認定」「精神病院通院中」といったキーワードが書かれていることがあります。

 

前澤氏にしろ誰にしろ、聖人ではありませんから、発言の1つ1つをすべて見ていけば反感を買う様なことも当然言っています。

でも「総じて」、いい人・ちゃんとした人なわけですね。

 

しかし、精神がおかしい人は1つの発言や言動に粘着します。

「前澤は過去にxxxxと言っていたから最低な奴だ」

そして、その後、やることなすことすべてが気に障って、本人へ直接レスしたりまでして攻撃をしたりするわけですね。

 

本人は、しょーもない陰湿な田舎で、何の付加価値も生み出さずに、親の金や国の金で飲み食いしながら、ね。

世の中歪んでるなぁ。

Vチューバー(Virtual Youtuber)のスレをたまに見るのですが、そこで「オタク向けのキャバクラw」と、上手いこと言ったつもりになっている馬鹿が必ずと言っていいほどいます。

 

どこが馬鹿で頭が悪そうなのかというと、そんな分かりきったことをわざわざ書いて、上手いこと言ったつもりになっているところです。

 

馬鹿にも分かりやすくたとえ話をしましょう。

パラリンピックというものがあります。そのスレに「身障者向けのオリンピックw」と書かれていたとして、そこに何かのユーモアがあるでしょうか?

つまりそういうことです。

 

まず、Vチューバーのキャラクターは大抵がアニメ絵の可愛い女の子です。そして販売されているキャラクターグッズは、タペストリーや抱き枕カバーなど。まったく隠す気なく明確にオタク向けコンテンツです。

一生懸命カモフラージュしてオタク向けであることを隠そうなんて気はサラサラないわけですから、「オタク向けキャバクラw」の「オタク向け」という部分は、パラリンピックを「身障者向け」と言うのと同じ位置づけということになります。みんな知ってますよ?と。

 

つぎに「キャバクラw」の部分なのですが、キャバクラという場自体は社会的地位を得ていて、後ろめたいものではないという社会通念はよろしいでしょうか?

先日、ユーチューバーのてんちむさんがクラブなのかキャバクラなのか分かりませんが、そういうところに出勤するというのが話題になりました。

いろんな著名な社長やインフルエンサーが、札束を広げててんちむさんと一緒に撮った写真をインスタ等に上げていましたね。

キャバクラに行くことは恥ずかしい事ではなく、女性におもてなしをしてもらって対価のお金を払い、経済を回す、合法的な社交場なわけです。

 

なので、「オタク向け」というワードも「キャバクラ」というワードも、何の煽りにもなっていないし、ユーモア皆無、ということになります。

 

あと残す可能性としては、「組み合わせの妙」ですね。

「"オタク"のくせに"キャバクラ"というリア充の様なまねごとしやがって」という意味です。

 

しかし、「オタク」ということが、カーストの底辺にはならないわけです。

中学生くらいまででしたら、「足が速い」とか「顔がいい」みたいなことがステータスになるのでしょうが。

その頃キミが下に見ていたオタクくん、今では東京工業大学や筑波大学あたりを出て、大手企業の研究職あたりに就職し、年収700~800万くらいもらっているかもしれません。

そちらサイドからみると、キミの方が下層なんですね。

キミの”幼稚な物差し”では、「オタクのくせに」というマウントをとったつもりなのでしょうが、世間一般はそういう物差しではないわけです。

 

オンナと話せる、童貞だ・非童貞だ、などと言うのは、多角的な視点で世の中を見ると、実は、かなり些細なことなのですね。

 

私も昔、SEXしたりしてましたがあまり楽しくなかったです。

ヤるまでは楽しいのですけれどね。ヤったら冷めますね。

 

あるとき行為中、私の方から「上に乗ってみて?」と言ったら、女の子が上に乗ってきました。

ただ、言うことを素直に聞いてくれたわけなんですけれど。

なんか、「うわぁ自分から乗ってきてる・・・。俺、清楚な子が好きなのに」と冷めちゃいました(笑)

 

話が脱線しましたので戻しますと、Vチューバーのスレに「オタク向けのキャバクラw」と書き込むのは、パラリンピックのスレに「身障者向けのオリンピックw」と書くのと同値ということですね。

なーんにも上手い事言ってないし、ユーモラスもない。

それを上手い事言ったつもりになっているわけですから、やっぱその人、馬鹿なんでしょう。