MZK-WHNおよびMZK-W300NH2の蓋を開ける方法まとめ | ケンチチチさんのブログ
2011-05-19 09:26:12

MZK-WHNおよびMZK-W300NH2の蓋を開ける方法まとめ

テーマ:ブログ
ここ最近秋葉で1000円やそこらでジャンクで売っている
プラネックスの MZK-WHNおよびMZK-W300NH2 という無線LANルータがあります。

見た目はほぼいっしょです。中身もほぼいっしょです。この二つ。


ケンチチチさんのブログ



調べてみると、値段の通りの評判な感じがありまして・・・まぁ不安定になりやすい訳ですね。

不安定さを解決方法の一つとして

・ファームウェアの更新
・放熱板の取り付け

という感じな模様。

で、画像検索してみても、分解後の写真は



こことか   ここいら  等であるのですが、分解方法がわからないので四苦八苦。
なんとか分解できたのでその説明写真を載せますというお話です。


必要な機材としてはマイナスドライバー(小さめの)が必要です。100円ショップで売ってるレベルのでOK

ケンチチチさんのブログ



1.本体の裏側、Resetボタンの下側の部分のふたの部分を見てみるとちょっとだけ
 空けられそうな空間があるのでそこにマイナスドライバーをつっこみ、いくらか横にスライドさせた後
上にあげる。 そうすると蓋が外れていくのでどんどん横にスライドさせて、また上にあげます。
蓋のつっかけは3カ所あります。

ケンチチチさんのブログ



2.3カ所上がったら、今度は前方(LEDがある方向)に押しながら蓋を手で開けていきます。
LEDの部分にもつっかけがあり、そのままあげるとつっかけがじゃまだからです。
(すでになんども開けているでつっかけが壊れてるところあります。全面はぜんぶ・・・)

ケンチチチさんのブログ



3.蓋を開けると、コントローラーの部分に、MZK-W300NH2だとうすい放熱シートが貼られています。
MZK-WHNはなにも貼られていません。
ということで高熱板を付けます。

ケンチチチさんのブログ


ちゃんとくっついた事を確認して、蓋を閉めて、動かせば大丈夫だと思います。


設定の変に自動まかせだとうまくいかなくなる部分もあるっぽいので
極力SSIDとかを手動で設定する方がよい感じなんでしょうかね。このルータ。


ケンチチチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス