お味噌効力 食べ合わせで栄養価UP | うぉんたの宝箱

うぉんたの宝箱

~充実した毎日を宝箱に詰めて~

昨日はお味噌汁の栄養価について
UPしましたウインク

お味噌汁には具材がつきもの
出来るだけ良い栄養価で頂きたいものですね。


そこで定番のお味噌汁
ネギ+ワカメ 
ですが実はこれNG組み合わせなんです。

ネギのリンがワカメのカルシウムの吸収を妨げてしまうので
避けたい組み合わせであります。

このように何気なく頂く組み合わせにより
栄養の吸収を妨げることもあります。
(また今度そこは詳しくお話しますね

そこでお味噌汁に組み合わせる食材ですが、

【 免疫力や風邪予防 】
緑黄色野菜がおススメ
☆ホウレンソウ・小松菜・人参・オクラなど

 緑黄色野菜に含まれるビタミンA
 免疫力を高めたり風邪の予防にもよい
 
 それにプラス油を足すことで吸収が高まるので
 油揚げなどもプラスすることがおススメです。

 小松菜など緑黄色野菜は水分に溶け出す栄養素が多いので
 お味噌汁で頂くのはとても良いです

【 疲労回復 】
☆豚肉+ニラ・ネギ ( 香味野菜 )など
 
 豚肉に含まれるビタミンAは疲労回復に効果あり
 プラス香味野菜であるニラ・ネギはその吸収を助けます。

【 むくみ 】
☆さつまいも・じゃがいも・里芋・きのこ・海藻など

むくみに良いとされるのは水分バランスを整える
カリウムであるのは良く知られてていることですが、
水分に溶けやすい性質を持っており
味噌汁にすることでしっかり頂くことができます。

【 便秘 】
☆ごぼう・きのこ・海藻など食物繊維の多いもの


発酵食品である味噌の酵素は腸内環境を整え、
食物繊維の豊富な食材により
ダブルで効果UPします。 

これを見てどうでしょう、
海藻(ワカメ)を除いた
豚汁などは栄養価も高く万能食品とも
言えるかもしれないですね。