冬休みの締めくくり。道コン終了!

 

昨日は中1・中2、今日は中3が北海道学力コンクール(道コン)でした。

 

↑真剣に試験を受ける中3生たち

 

すでに学校に願書は出し終えて、頭の中ではもう志望校に自分が通っているイメージをしています。今日の試験は入試当日だと思って、解答している時はもちろんのこと、休憩時間もどう過ごせば最後まで普段通りの力を出せるか試して受けるように伝えました。

 

入試当日の時間割なども視野に入れて

 

公立高校入試は毎年9時20分から始まるので、ガビットでは中3生の模試はいつも9時20分から始めます。試験開始時間には頭が働くように考えてベストな起床時間を知り、朝食を食べてから排便までの時間も把握してもらうためです。(これは男の子にはとても重要です。女の子は生理が入試日にかぶりそうな場合は、準備をしておかなくちゃね。)

国語、数学、社会、昼休み、理科、英語という時間割なので、先に受けた科目が思ったよりできなかったりすると、その後の科目にひびいてしまう場合があります。社会などの暗記物はテキストですぐに答え合わせができてしまうし、他の科目も友達と答え合わせをして違ったりすると無用に落ち込んでしまうこともあるのです。だから休憩時間の話題、自分の心の在り方も練習段階で試しておく必要があります。

 

模試の結果を気にするよりも、しっかり利用する

 

点数が良かった、悪かったということよりも、今の現状を把握して2ヶ月後に最高の状態に持っていけるように利用しましょう。合格のために必要な点数を科目毎に決めて調整するのです。5〜6点で偏差値が1変わるので、各科目で1点ずつ上げれば偏差値1上げられるなぁとか、時間配分が悪くて最後まで解けなかったから類題をさがしてタイマーセットして練習しようとか。読み飛ばしてしまうから、「何を」「どんな」の部分に線を引こうとか。やれること満載です。

 

高校入試は通過点。手段を目的と勘違いしないで。

 

ほとんどのお子さんにとっては、高校入試が初めての大きな試験ですから力が入るのも当然です。でも、本当の自分の夢・目的は〇〇高校に合格するということではありません。そこは、大いなる将来に向かう1つの通過点であり手段で、新しいステージの始まりなのです。どこに入学するかばかりに気を取られると、頑張りすぎちゃって高校に入ることが目的と勘違いしてしまいますよ。

 

どうせやるならゲームのように楽しく!

 

本当は試験なんてなくなればいいなぁ〜と思っているのですが、期限を決めて集中して勉強することはある意味良い経験です。単に成績が上がるとか言うことだけじゃなく追い込まれてちょっと負荷をかけられると、人はびっくりするほど成長するのです。ですから、ここまできたらゲームクリア、次はセカンドステージへ〜と楽しみながら遊びのようにやりましょう!

来週末は最後のセンター試験もありますね。

受験生の皆さん、どんな人にも春は来ます!もうひと頑張りですよ!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 ↓ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

 

楽しみながら人生を切り拓く最強人生クリエイター100万人を創出し、

幸せスパイラルを起こす一般社団法人みんな天才化機構のHPはこちらです。

 

英語が堪能で子どもたちの脳力を上げまくりのみん天理事長のブログはこちらです。

 

ガビットへのお問合せはこちらからお願いいたします。