夏休み折り返し地点

 

夏休み入って2週間。今日で約半分が終わりました。そして明日、明後日は夏期講習恒例の北海道学力コンクールです。夏期講習が始まった時は、あれもやろう!これもやろう!と意気込んでいましたが、いざやり始めてみると思うように進まない、もっともっと時間がほしいのです。最高の状態で試験を受けたいと真剣であればあるほど、切りなくやるべきことがあるのです。特に受験生はそうです。

 

千里の道も一歩から

 

どんなに遠い道のりも小さな一歩から始まります。一足飛びに遠くへ行こうとしなくても、小さな当たり前を毎日積み重ねていけば、誰だって成長するのです。今日も一歩進んだなぁ、前進しているなぁってことを自覚して自分を褒めることはとても大切だと思います。

 

思うようにいかない時は、一段上に上がる時

 

頑張っているのに何だか結果が出ないなぁ〜という時は、これまでの自分を超えて一段上に成長している時かもしれません。これまでと同じやり方では突破できないのかもしれないし、考えよ!工夫せよ!との合図かもしれませんね。ここで諦めずに継続できるかどうかが、自分のこれからを変えていくかもしれません。

 

 

過去の自分を超えた経験が生きる

 

人と比べて勝つか負けるかに価値をおくより、昨日の自分に勝ったか、成長を意識して一日を過ごせたかを、一日の終りに少し考えてみてください。

私の場合は、何かを後回しにしてしまう時、明日はきっとやるから大丈夫!と未来の自分に対してすごく楽観的に考えています。でも、そういう時は大抵翌日も後回しにしたままになってしまいます。やれない時は結局やらない言い訳を先に考えているのです。やると決めたら、すぐにやることが今現在の自分を超えていくことかもしれません。それが、日常の小さなことだったりするのですが、すぐにやれた経験が自信になります。昨日今日という短いスパンでは気が付きませんが、3ヶ月、半年、一年と長いスパンで振り返ると、自分ってなかなかじゃない?ってね。皆さんはいかがでしょうか?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

 

楽しみながら人生を切り拓く最強人生クリエイター100万人を創出し、

幸せスパイラルを起こす一般社団法人みんな天才化機構のHPはこちらです。

 

英語が堪能で子どもたちの脳力を上げまくりのみん天理事長のブログはこちらです。

 

令和の寺子屋、ガビットへのお問合せはこちらからお願いいたします。