リボ払い 金利18%をなめてはいけない | kenのブログ

kenのブログ

日々の生活で見つけた面白いことや、気になることについて気ままにかいているブログです。

リボ払いの金利って年利18%のところが多いです。

冷静に計算すれば、バカ高い利息を払うことは分かるのに、毎月の支払いが大したことないので、シミュレーションもせずに「まっ、いっか~」と安易に利用する方がおられます。が・・・


リボ払いは毎月の支払いが安い分、長期の返済になってしまいます。

私の友人もそうですが、クレジットカード会社から「リボ払いに変更するとポイント2000分プレゼント」や現金還元みたいなキャンペーンでよく考えもせずに申し込んでしまい、「いつになったら支払い終わるんだ」という状況に陥ります。


例えば、80万円のリボ残高があって、金利が18%だとすると、支払いが終わるまでに5年3ヶ月かかってしまいます。
しかも返済期間のうち1年11ヶ月は利息を支払っているだけの期間になります。

約2年が利息の支払いということで、ピンときた方も多いかと思いますが、返済が終わった頃には利息の合計がえらいことになってます。

その額、なんと43万円!


リボの残高に対して、返済が終わる頃には50%以上の利息を払う羽目になります。

2000円キャッシュバック!
なんて、金融機関からすればエビでクロマグをを釣るくらいのことです。

崖っぷちでもないかぎり、リボ払いは利用しないほうが賢明ですね。


すでに、リボ払い地獄に陥ってしまっている方は、カードローンに切り替えることで利息をかなり抑えることができます。


たとえば、みずほ銀行カードローンに切り替えたとします。

みずほ銀行カードローンの利息は年利2%~14%です。
うまくいけば、リボ払いだと43万円もの利息が約4万円ですみます。


銀行系のカードローンが厳しい方はデイリーキャッシングがおすすめです。



→デイリーキャッシングの詳細はここをタップ!!



デイリーキャッシングは
・フリーローン
融資枠  1~300万円
年率   8.5%~
返済期間 最長5年

・おまとめローン
融資枠  50~600万円
年率   8.5%~14.5%
返済期間 最長10年

となっています。