※3月15日金曜日


どうも、シェパード太郎です。

さて、昨日はポッドキャストの収録でした。

1週間に1回、あーだこーだと言いたいことを語ってきたポッドキャストですが、今回は特に言っちゃってます。

何を言っているのかと言いますと、というか、実はテンションを一切あげずに喋るという新たな試みに挑んでみたのですが、なんと・・・

大成功に終わりまして。

もう、大の大の大成功。

収録中にお客さんの笑い声が聞こえました。

いや、笑かしに一切掛かっていないのに、お客さんが笑ってました。

あと、お客さんが大きく頷いているのも見えまして。

「わかるわかる〜よくわかるわぁ〜」

収録中に肩ポンポン叩かれちゃって。

と、そんなヤベー幻覚を見ながら収録したポッドキャスト、どうかお楽しみに。

と、それはもちろん嘘で、今回、実はとんでもない宣言をしちゃいまして。

その・・・まさかの「面白いことを一切言わない宣言」をしています(笑)

面白いことを一切言わない、えぇ、言えないんじゃなくて、言わないのです。

もう芸人としてやってないつもりで喋っているというか、我ながら驚きでした。

「どうも、川本真志です」って言いそうになりましたもん。

あぶねーあぶねー。

とにかく、ポッドキャストは真面目なことを言う場所にするのもいいかな〜とも思いまして。

って、たまにこのアメブロも真面目なこと書いてるけどな!笑

と、どうかしちゃったようでして、日曜日のポッドキャストはお楽しみに。

で、そのあと恒例の図書館へと行きまして、日曜日のメルマガコラムの修正と、年表スゴロク(トーク)のまとめ作業など。

メルマガコラムでは、これから書いていく「年表スゴロク記」というものの説明と、というか、僕の自伝的というか年表の「はじめに」を書いております。

宜しければ、是非^_^

あと、徳川夢声「話術」を読んで、なるへそー!と雄叫びあげたりしまして。

どの仕事にも必要な要素、ということで販売員に必要な知識を例題として羅列してあったのですが、その一つ一つが細かくて面白くて。


■売値

■商品を知ること

■適する使用法

■商品の良さをどう伝えるか


他にも20個ほどの項目があったのですが、そのどれもが漫談家だろうが商談・販売員とも共通しているということに驚きました。


あと、購読意欲をどうすれば欲してもらえるようになるのか、などなど。

人を喜ばせるということは、結局、すべて繋がっているんだなぁと。

というか、「話術」というタイトル通り、言葉で伝える職業は必ず通ずるものがあるという。

ほんと、学ぶこと多く唸りっぱなしでした。

では、では。