梅雨ですね

テーマ:
こんばんは、研(けん)整骨院の平川です。

岡山県井原市にて、鍼灸師、柔道整復師の国家資格を持って仕事をしてます。

梅雨の天気が変わりやすい日が続いてますね^^;

こんな日が続くと、天然パーマの髪の毛がうねるうねる(-。-;

とういことで毎日髪の毛に苦戦してます。


それはどうでもいいので、置いといて(笑)



こういった気候もあってか、昨日今日は腰の痛みを訴える患者さんが多かったです。

いわゆる、ぎっくり腰ってやつでしょうか。

腰の強い痛みには、当院では鍼灸で施術を行うことが多いです。

そこで、なぜ鍼灸なのか?電気やマッサージではダメなの?1日寝とけば治るじゃろ!

と思いますよね?



先ほど、いわゆるぎっくり腰と言いましたが、

これは大まかな総称というか、急に腰に強い痛みが出たものをまとめて、ぎっくり腰と言ったりしますよね。

痛みは急に出てるんですが、、、

それまでには、普段の姿勢や体の使い方によってずっと負担がかかっていて、

最終的に、物を持ったときとか、ゴルフのスイングをしたときとか、くしゃみをした拍子に、なんてことが引き金となって痛みが出ます。

痛みは急に出てるんですが、それまでにずっーと腰に負荷がかかってるんですね。

なので、ほっといてもすぐに痛みが無くなるということは少ないです。最初にきちんとした処置をしとかないと、度々繰り返すことにもなりかねません!


腰部や骨盤には、関節だったり靭帯、筋肉などの細かい組織がたくさんあります。

そういった細かい組織にピンポイントで刺激をできるのが鍼ではないかと思います。

また、体の中の組織以外にも皮膚の動きなど、表面的な部分も見ながら施術を行っていきます。

鍼を刺す深さによっても皮膚や筋膜、筋肉などアプローチする部分が変わってきます。

即効性もあるので、急に起こった強い痛みを長引かせたくない方にはオススメです!