あるかっぷDT 募集開始。

テーマ:
公式・・。
予選通過が上出来でした、はっきり言って。

ただ、不運なコトに準決勝でアクコ冠にあたることになり(笑、さらに不幸なことにぼろ負けしました。
参加すれば何かしらイベントにあたるもんだな、と。
悔しい、という気持ちはあまり無いのですが、「羨ましい」と言う気持ちは相当、あります。
公式の決勝参加は、僕の大きな目標ですからね。
それを、目の前であっさりとクリアされると・・。そりゃ、ちょっとは、ね。
しかも、向こうは1着通過、僕はしんがり負け。

・・・。

さてと。
気持ちを次の公式に切り替えてと。

もう募集開始してますね。第5回公式大会。
僕はここに全力を出し切っています。
もう、予選とかで負けたらえらい凹みます、きっと。
怖いなあ、そうゆう自分が・・。あり得るだけに笑えない。
でも、だからこそ、通過の気持ちよさが待っているのだと。


そうそう。
あるかっぷも募集開始しました。


■ あるかっぷDT 第7回大会
「ダビつく4 愛・地球博記念」

・出走制限:一人1頭まで
・ルール:名古屋ダート1900m
・馬場・天候:処理当日の天気
・登録締め切り 3/1(火)いっぱい
・配合条件:特になし
・注意:ST逆フロー馬およびその子孫の登録はご遠慮ください。
 また、判断が難しいので、STが∞、★の馬の参加をお断りする
 ことがあります。
 ご了承ください。


本大会は、SEGA-UMAの大会データベースと提携しています

詳細はこちらこら


公式と同条件、そして同日夜の締め切り。
公式に登録したら、こちらにも忘れずに登録してください。
たくさんの登録、待っています。

AD
昨日も夜の1時過ぎから生産開始。
最初は快調に生産するものの、録画してあった報ステを見終わったあたりから意識が朦朧と・・。

「このセットが終わったらもう寝よう」

と思うのは良いのだけど、そう思ってもそのセット終わりまで持たない・・・のだ。

そんな中、いつの間にか仮育成に入った馬がいた。
(たいがい、1セットに数頭くらい仮育成している)

晩成なんで、3歳でレース出して・・・。
忘れそーになりながら、放牧になんとか出して、次週に戻す。

4歳の1月に自分で調教。

・・・
「脚のさばきが気になりますね」

屈腱炎らしい・・・。
爆Bリミットブレイクに失敗(笑

本来はリセットなのだが、もう1頭同時に仮育成している馬がいるし、いい加減眠くて早く進めなきゃ自分の意識が持たない気配がするので、そのまま晩成として能力見てみることに。今考えると適当だ。

で、その2年後、なんとか仮育成パス取得。
あんまし期待しないでSPを見ると・・
眠い眼(まなこ)に映った数字は・・
9.2★!
おい!

目が覚める。

僕は爆Bのリミットブレイク前と後の能力格差を計ったことないのだけど(今作)、噂によると0.2秒くらいと聞く。
となると・・・。
夢の8秒台の可能性もあるではないか!?

その他の能力もほどほどついて、なかなか良い感じに思われ、小躍りしかけたそのとき。

「俺、きちんとセーブしてたっけ?」

青い思いが更に僕の目を覚まさせる。
セーブデータを見に行くと・・。
なんか時間がずいぶん経っているぞ・・。ヘンだ。
いつもなら必ずとっている、入厩前データがない。
その瞬間はほとんど寝ていたっぽく、記憶も欠落している。

あるのは、他の馬の仮育成前データに一緒に映る、4歳春の姿・・。
これではリミットブレイク出来ない!

・・・。

「あの馬は無かったことにしよう」

開き直ってすぐに布団に潜り込んだ。
そんな昨日の夜だった。

AD

0.2秒の挑戦

テーマ:
SPをあと0.2秒削るには・・。

種牡馬のSPを0.1秒、繁殖牝馬のSPを0.1秒削ってみようか。

普通に考える発想か。
まあ、種牡馬と繁殖牝馬ではSPへの影響度合いが違う(僕は牡馬締めをしているため)ので、そう単純でもないハズですが・・。

で、今の繁殖牝馬をつくったときに貯めていたストックの中から、SPが高いものを抽出。今の締め牧場(3頭体制)の中に混ぜました。
これまで使っていた繁殖牝馬は、SP9.8青(STY10.1-9.7-9.8☆)なのですが、ここにSP9.7☆(STY10.2-10.1-10.2青)を混ぜたワケです。
まあ、STYは一回り以上劣りますが、僕が繁殖牝馬生産していた中の唯一のSP☆です。
昨日書いたような、「セーブデータを消すなんて勿体ない精神」が威力を発揮しました。
(ん?正確に言うと、威力を発揮したかは分からない)
そのほかにも、もしかしたら繁殖SPが上廻るヤツがいるかもしれないので、ストックの中からSP9.8の繁殖をもう1頭差し替えて、3頭ばらばら(増殖じゃないという意味)の3頭体制へ。

しばらくはこれで生産を続けることに。
手応えがどう変わるか様子見ています。

・・と言っても、平日は1~2時間程度しか生産できないのですけどね。
例によって、深夜2時から4時とか。
壊れているな俺。
AD

6枚のメモカ。

テーマ:
今回のダビつくでは、前作にもまして、猛烈な勢いでメモカを消費している。
いま、6枚目を使っているが、そろそろいっぱいだ。
7枚目を買ってくる日も近い。

原因は、「これぞ」と思った育成前データのほとんどをそのまま置いておくからだ。
締め生産はもちろんのこと、途中の繁殖牝馬生産や種牡馬生産時のものもおいてある。

もちろん、その育成した馬のデータはノートに記録してある。
ノートに書くときに、日付と時間を入れておく。
ダビつく4のセーブデータには日付が入っているので、後で探す時はそこで判別できる。
非常に便利だ。

また、ノートに日付を書いて無くても、仮育成した競争馬パスがあれば(たいていこれも残している)、それに日時が入っているので、その時間を頼りにセーブデータを探すのは簡単だ。

12月から貯めているセーブデータ。
自家配合をする際は、時に過去のひょんな馬が役に立つ場合があるので、やっぱ消せないな。
まあ、だからこそ、僕が自家配合に拘る部分でもある。

僕の数ヶ月の結晶が今の配合だし、ここから出る産駒には強い思い入れと愛着を感じるのは当然の感情だろうと思う。

週末のダビつく生産記。

テーマ:
先週末は久々に仕事なし。
最近の土日は、仕事が何時はいってくるか分からないのでほとんど予定を入れていません・・。(←寂しいヤツなんです)
これが良い方に転がって、生産三昧。

ダビつくをし倒しました。
たぶん、この週末に関して言えば、日本で一番ダビつくしていたんじゃないかと。(自慢になるのか?)

内容は、この前の自家種×自家種の続き。
種牡馬を作り直しました。
以前の種牡馬は9.4Aだったのを、9.4Sにちょびっと進化。
STY、STも補強されました。
ただし、ダート適正は○にダウン・・。
まあ、母がダート◎なんで、なんとかなるかと。

そーすると、少し手応えがあがって。
RPGみたいっすね、ダビつくも。
最初は苦労していた敵も、レベルが上がると簡単に倒せるようになって、自分(キャラ)が成長した喜びを噛み締めるじゃないですか。
前は夢のような2才コメがばきばき出るんですよ。
晩成◎◎◎◎◎◎を見た日には、興奮を隠せませんでしたね。
ウチの中を思わずうろうろしちゃいました。
家族は寝ているので、ネコを起こして興奮を伝えました。(伝わったかな?)
よーやく僕のダビつくレベルも、終盤のダンジョンを戦うところあたりまできたのかな、と。いやあ、楽しい。

・・・その結果は。
★青青青、という今となっては冴えない結果でしたが・・(爆Bにも関わらず!!)。


今のエースは、∞(9.1)○S○。
実は9.1は結構でる。
そこから先にぴたっと壁があって全然伸びない。
ダビつくは、ほんと繁殖レベルを問われるゲームです。
僕の用意した種牡馬、繁殖牝馬ではそこが壁だよ、と言われているよーだ。
足りない能力は引きでカバー。
前からそうだったように(笑

世の中には、8秒台の中距離馬もいるようなので、次の目標は8秒台。
あと、0.2秒。
この壁に挑みます。