もう五月も終わり。

九州南部も梅雨入りしたとニュースで聞きました。

ひと時ひと時を大切にしたいなと思いますね。

 

昨夜は「令和哲学カフェ」

https://reiwaphilosophy.com/

に参加しました。

平日、夜は楽しみでしかたありません。

 

昨日から新しいテーマとWHTに参加するメンバーも新しくなりました。

 

テーマは「哲学」

哲学とは何?なぜ必要?

 

あなたはどんな風に思いますか?

 

これ、難しいと思って遠ざけてしまうのか。

真剣に考えてみるのかで、あなたの人生は大きく変わってしまうと私は思います。

 

なぜ?

 

この令和哲学カフェが始まってから、私が思うことの一つ。

人は正しく考えられないからです。

 

無駄な考えはいっぱい出ます。

なにせ人は一日に6万回、考えてるらしいです。

その8割はネガティブな考えのようです。

https://studyhacker.net/columns/ketudan-dukare 

決断疲れ・疲労を避ける3つの方法!人は1日9000回決断するって知ってた? - STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアあなたは朝起きてから今までに、何回判断や決断をしましたか?決断することに疲れていませんか?回数に個人差はありますが、人は1日に約9,000回の意思決定をしています。今回は、決断疲労とは何か、判断疲れを回避する3つの方法を具体的に紹介します。リンクSTUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア

 


そして9000回の決断をしてらしいです。

https://www.tfm.co.jp/city/mirainocity/mirai20150907.html 

シンクロのシティリンクシンクロのシティ

 

 

数字だけみているとそれだけで、だいぶエネルギーを消耗している気がしませんか?

しかもほぼ無駄な考えなんです。

 

無駄な考えとは、自分の観点に固定して、そこから考えること。

それは主観的にしか考えることができないので、完全に自分の思い込みなのです。

お互いにそうの思い込みの考えで出会っているので、人とわかりあえないのです。

 

自分が何を規定して、何を根拠に考えているのかもわからないから

条件状況で考えがコロコロ変わります。

 

この考えをシンプルにしていける。

自分の考えに確信をもって、表現、行動していけるようになるのが

「哲学」を学ぶということだと思います。

 

昨日の会で令和哲学者のノ先生は言っていました。

「今までの哲学と違って、わかりやすく、日常でバンバン使える、楽しくてたまらない。

自分の尊厳を自分で守るのが令和哲学だ」と。

 

自分とかけ離れた小難しいものが哲学なのではなくて、

それがないとシンプルに生きられない、楽しく生きられないのが令和哲学だと思います。

 

正しく考えることができるということは

無駄に使っていたエネルギーを別で使えるということです。

別で使える・・それは自分の可能性を生かせる行動に使えることだと思います。

 

哲学、知ってみるとお得です。




 

ぜんけ けい