2011年05月31日

KEN-ELTエッセイ:世界の出来事を理解するということ

テーマ:KEN-ELTエッセイ

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ ) の代表兼

日本人講師のKenです。


先週、「梅雨入り」し、これから雨の日が続こうという今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


「梅雨」というと、湿気が多く、過ごしにくいので、嫌な季節と考える人も多いと思います。


しかし、日本に「梅雨」という時期があるということは、”何か”しらの意味があると私は考えています。


去年は「ワールドカップ」があったので、盛り上がりましたが、今年も、何か自分なりの楽しみを見つけて梅雨を乗り切りましょう!


さて、今回の「KEN-ELTエッセイ」ですが・・・


「世界の出来事を理解するということ」


です。


お楽しみください!




****************************************************


Title: 世界の出来事を理解するということ



世界では、様様な、予想もつかないことが起こっている。


我々はテレビや新聞などのメデイアを通して、


何が起こったのかを知り、


それが特に大変なことである時は、


テレビでの討論、新聞での論評を通して、


自らもその出来事について考える機会があるかもしれない。


そして、その出来事なり事件がなぜ起こったのか、


その背景を探り、国際間の問題であれば、


国の歴史を探ってみたりする。


そうした中で、自分とは違った考えを知り、


自らの思考の幅を広げることもあるだろう。


しかし、それで果たして、


その出来事なりを理解したことになるのだろうか?


そうした疑問を感じたなら、


可能であれば現地を訪れることもできるだろう。


しかし、


その出来事なりが起こった国に住む


現地の人々と同じ気持ちになれるのだろうか?


悲しみなり、喜びなりの同情はあっても、


人は、切り取られた歴史の一部分を体験している


に過ぎないのではなかろうか?


いくら頭で背景を理解していて、文章で表現でき、


討論する能力があっても、


時代の中の一コマを経験して、


一時の感情の起伏はあっても、


それは真の感情とはいえないだろう。


世界を理解するとはそれほどに大変なことだと思う。


こうしている瞬間も、


世界のどこかで、


歴史に残る出来事が起き、


我々はメデイアを通して情報を手に入れる。


現地の人であっても、


背景となる出来事が起きた後に


生まれたとしたら、


こうして起きている出来事の理解度


違ったものになるだろう。


そして、ある時、


再び同じような出来事が起こった時、


多少のずれはあれ、我々は感情の起伏を示すのだろう。


そしてまた忘れるのだろう。


****************************************************


このエッセイは、かなり前に書いたものですが・・・


今も十分当てはまると思います。


今年に入り、世界では、特に中東地域で、変革が起きています。


去年中東のオマーンに渡航した身としては、無関心ではいられません。


チュニジアに始まり、エジプトへと波及し、


今もなおリビアやシリアやイエメンでは衝突が続いています。


ところで、今月私は、


「ウズベキスタン」


という国へ行っておりました。


また、どこにあるのかという流れになると思うので、


気になる方は、こちら でご確認ください。


地域でいうと・・・


「中央アジア」


になります。


あまり日本人にはなじみがない地域ですが・・・


「シルクロード」


といえばイメージが沸くのではないでしょうか?


なぜまたここへ行ったのかというと・・・


やはり、


「イスラム建築」


ですね。


デザインが全ての私にとって、


この国のデザイン性の高さが


建築と工芸品に見てとれました。


ただ、「イスラム教の国」なのですが・・・


ここは本当にイスラムの国かと思うほど、


アラビア湾岸の国(オマーンなど)とは全く違った生活スタイルでした。


また、この国は、


「旧ソ連」


の国なので、今もロシア語が広く使われています。


正直、言語面でも文化面でもかなり複雑なので、


この辺についてはまたの機会にお話したいと思います!


それでは最後に、


ウズベキスタンの首都タシケントの映像クリップをお楽しみください!


*ちなみに、タイトルは、ロシア語・ウズベク語・英語の順になっていますが、現地では今、旧ソ連時代のロシア語からウズベク語へ表記移行しつつあり、学校では英語が学ばれ始めています。


Title:Ташкент. Toshkent. Tashkent


http://www.youtube.com/watch?v=y31DdIwhcNg


*クリックしますと、YouTubeにつながり、映像と音楽が流れます。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)








無料カウンセリングはこちら

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。