2010年01月26日

私と英語⑰:なぜカナダ?

テーマ:私と英語

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、大学院へ進学するのをやめ、英語教育が学べる国を探していたのですが・・・


まずは、「アメリカ」を考えていました。


日本では、文化から教育まで、「アメリカ一辺倒」ですね。なので、私が、まず、アメリカを考えたのも、自然な流れであったわけです。


考えてみれば・・・上智でも、教授陣のほとんどが、アメリカで教育を受けています。


なので、日本の英語教育は・・・アメリカ一辺倒になるのは、何も不思議なことではありません。


ただ、私は、


「カナダ」


を選びました。


それには、いくつかの理由があります。



①話がわかるデイレクターが多い


これは、何のことかというと・・・


つまりは、英語研修プログラム・コースなどの語学教育プログラム・コースを取り仕切る「デイレクター」の方達が、とても話がわかる人達だったということです。


ここで、「話がわかる」とは・・・


「自分の追い求めていた英語教育」を実践しているまたは、実践しようとしている人達が多く、この方達の元で、学んでみたいと考えたのです。


これが、たまたま、カナダだったということですね。


少し前、イタリアのミラノで音楽を勉強している日本人の方達に会う機会があったのですが・・・彼女達も、「信頼できる先生」を探し、その先生の元で勉強しているということでした。


*教育は、何も学校という場所で始まるというよりも、ひとりの教師」という個人から始まるものである私は考えています。それゆえ、KEN-ELTでは、「個人から始まる英語教育」を掲げており、私自らがデザインし、開発した教材とカリキュラムで、ひとりひとりの生徒さんをサポートしているのです。



②英語が綺麗


これについては、もちろん、個人差がありますが・・・


カナダで話されている英語かなり標準的で綺麗です。


イギリス文化を基盤とし、フランス語圏(ケベック州)を抱えるカナダという国は、多民族で共生することを理想と掲げています。


そして、かなり、うまく、多民族主義が機能している国なのです。


実際、治安も安定していますし、社会全体がギスギスしていません。


カナダに住む誰もが、このことを感じることになると思います。


また、本題に戻りますが・・・


語学に携る者として、”言葉に対する敏感さ”は重要項目です。


なので、そんな言葉を大切にするカナダという国を私は選びました。


それでは、次回は、私がカナダで感じたことエッセイスタイルでお届けいたします!


お楽しみに!




PFK(KFC), Qubec(Canada)



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)





無料カウンセリングはこちら


















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年01月12日

英語学習の落とし穴⑪:資格試験(留学向け)

テーマ:英語学習の落とし穴

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ ) の代表Kenです。


今回の「英語学習の落とし穴」は・・・


「資格試験」


です。


英語の資格試験というとたくさんあるわけですが・・・


「国際的に認知されているもの」


をここでは取り上げていきます。



・TOEFL/IELTS


TOEFLとIELTSはどちらも、英語圏に留学する人向けの資格試験です。


ただ・・・英語圏でも、


アメリカ英語圏



イギリス英語圏


があるわけです。


したがって、



・TOEFL


はというと、


北米(アメリカ・カナダ)の大学等の教育機関へ留学する人向け


となります。



一方・・・



・IELTS


はというと、


イギリスやオセアニア地域(オーストラリア・ニュージーランド)の高等教育機関へ留学する人向け


になります。


留学という長期滞在かつ、大学という高等教育機関での勉学ができるかどうかの英語力を調べることが目的の試験のため、難易度は高いです。


かつ、内容は、かなりアカデミック(学問的)ですね。


一般的な傾向としてですが・・・



・TOEFL


は、元来、


スピード


が求められます。


量が多く、それを限られた時間でどれだけこなせるかを見るわけです。


一方・・・


・IELTS


は、量というよりも質を重視します。


問題の傾向をみても、


思考する


出題が多いです。



こんなところにも、


アメリカという文化



イギリスという文化


の違いを私は感じてしまいます。(笑)


いずれにしろ、これらの試験を突破することは・・・単なる「通過点」であって、


本当に重要なことは、TOEFLやIELTSの場合には、「留学先の授業についていく」ことです。


くれぐれも・・・


試験は、あくまで試験である


ことを肝に銘じておく必要があります。


*ちなみに、KEN-ELTでは、これらの試験対策などは取り扱っておりません。それは、”テクニック”に走る英語教育は行いたくないからです。

KEN-ELTは、”本物の”英語教育しか提供しておりません。つまり”留学や長期海外滞在に対応できる力”の養成を目的としているのです。




KEN-ELT図書室 東京・大田区


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)



無料カウンセリングはこちら



















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。