肝臓の寄生虫を見たい方はどうぞ。そしてやはりナマ食はやめましょう。 | けもの道はイバラ道

けもの道はイバラ道

狩猟専門誌『けもの道』編集長&AEGハンターズショップ番頭のブログ。狩猟の話題はまだまだ続くよどこまでも。


テーマ:

昨日、今日の2日間にわたって、兵庫県で行われました利活用実践技術研修会を受講して来ました。

 

取材は関係なく、新たな知識の習得と、既存の知識の整理、といったところでしょうか。

 

中身の詳述は控えますが、鹿の内臓の解説などを聞きたかったので、私は受講して良かったなと思いました。

 

 

そして、ご紹介しておきたいのが、鹿の肝臓にいる寄生虫です。

 

 

狩猟で得た鹿のレバーを食べる方は大勢おられると思いますが、食べようと思う方は、獲物からレバーを取り出し4~5本ぐらい胆管が見えるように肝臓に切れ目を入れてください。

 

この時点で、胆管が白く変色したり、固くなっているものは、基本的に寄生虫が棲んでいるレバーと思っていただき、食べるのは避けた方がいいと判断されます。

 

また、その状態でしばらく水に浸けておくと、寄生虫がいれば出て来ます。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

こんなヤツらが。

 

 

 

↓槍形吸虫(※写真転載禁止)

 

 

 

 

↓肝蛭(※写真転載禁止)

 

 

 

 

 

もちろん、寄生虫が見られないからといって、ナマ食は厳禁です。

 

しっかり火を通していただきましょう。

 

 

 

↓ポチっと押せば、衛生観念ダダ上がり。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村

 

↓狩猟専門誌『けもの道』通販サイト

けもの道本舗

http://www.kemonomichi.com/

内臓所見のお話は、『けもの道2,017秋号』でも掲載しております(記事「ジビエにと畜検査を応用しよう」)ので、詳しくはそちらも参照ください。

 

↓GPSマーカー、猟具・猟装・猟用品

AEGハンターズショップ

http://www.aeg-hunters.com/

ドッグナビ猟期応援キャンペーンは11月末まで! お急ぎください!

けもの道を歩く人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ