マッサージして貰って、ホテルでひと休み。
さて。
夕ご飯はどうしよーという時間になってきました。
この日は土曜日。
私の滞在先ではデモの予定はないものの、デモは土日の夜に激しくなる傾向があるとのこと。
流れでこの辺りにまで来るかも知れません。

なるべく早く食べてホテルでゆっくりするつもりで、近場で何かないか探しに行くことにしました。
でも、所持金が微妙…。
明日帰るので、午前中には空港に向かうからここで両替してしまうのも勿体ないし、、、という「海外旅行あるある」。カードで払えるお店が安く食べれるお店があるといいな。

ふらーっと歩いてたら、両替のレートが良い事で有名な重慶大厦(チョンキンマンション)の横でおばちゃんが「この下にフードコートがありますよー。」的な呼び込みをしてました。
色んなお店がありそうなので、とりあえず行ってみました。

スポーツ用品のお店が並んでる奥に、いくつか飲食店があって、「蘭芳園」というローカル色満載のお店があったのでそこに決めました。

レトロな感じが良い。

アジアでありがちなんですが、中に入ると席はチラホラ空いてるのに、何故か相席。さすが相席文化。
1人で食事してるお兄さんと同じテーブルになりました。

メニューから指さし注文。
おかずとごはんの乗ったプレートと、ミルクティを注文。
何かを聞いてくれるけど、お店の人は英語も出来ないようで、ガンガン広東語。
そこでこの相席のお兄さんが間をとりもってくれて、「つめたい?あたたかい?」となんと日本語で。いい人ー。香港の人優しい。

↓これを頼みました。
飲み物ついて56ドルか58ドル(約800円)

家庭の味って感じで食べやすく、日本人の口にも馴染む安心の味付け。
ミルクティはカップがボロすぎて写真撮らなかったんですが、茶葉が濃くて美味しかった!
後で調べてわかったけど、どうやらこのお店はミルクティとフレンチトーストが有名なお店で、中環(セントラル)にお店があって、ここ尖沙咀店は支店らしく。


ホテルに帰って荷造りをし、香港の夜は終わったのでした。