盛岡散歩・開運橋と旭橋 | ゆるゆるな毎日

ゆるゆるな毎日

水曜どうでしょうやマンホール、キリスト看板などの趣味に走りすぎた日々を綴っています。


テーマ:

以前も紹介した北上川に架かる開運橋。一昨日、さわや書店さんに行った日も渡りました。

 

 

この日、橋の上から上流の北側を望むと、

 

雪をかぶった岩手山が綺麗に見えました。

川の奥に見える岩手山。綺麗だなぁと思います。

 

 

開運橋については以前に書いたので、

 

今回は橋を渡った駅前の歩道について書きます。

橋の袂の交差点を越えると、盛岡駅はもうすぐそこです。

 

 

この歩道に2種類のプレートがあります。

日影のプレートなので絵が分かり辛いですが、

 

チャグチャグ馬コがデザインされています。

 

 

そしてもう一種類はこちら。

さんさ踊りがデザインされています。

 

旧盛岡市エリアのマンホールには、デザインマンホールがないので、

 

こういうものをデザインしたマンホールにして欲しいです。

 

厳密には、「水」という文字をデザインしたマンホールがあるのですが、

 

正直言って分かり辛いし面白みがないのです。

 

 

用事を済ませ、帰りは少し遠回りして、

 

開運橋より一つ上流にある旭橋から帰ってきました。

盛岡駅側から旭橋に出るには、

 

橋の手前の道に横断歩道がないため、

 

地下道を通って出るしかありません。

 

地下道の写真も撮ってくれば良かったかな汗

 

 

旭橋から下流(南側)を見ると、行きに渡った開運橋が見えます。

盛岡に来た頃は、アーチの橋が開運橋で駅前に出る橋と覚えました。

 

私が一番最初に名前と場所を覚えた橋です。

 

と言っても、来た頃は欄干の補修で、

 

橋全体が覆われていたのですけど汗

 

 

反対側、上流を望むと…。

山頂の雲が、大分無くなっていました。

 

 

ちなみに、いつも岩手山が見えるわけではありません。

 

これは初夏に、同じ場所から撮った写真です。

少しアングルが違いますが、

 

厚い雲があって、山があるとは思えません。

 

お天気の日でも全く見えない日があるので、

 

毎朝、今日は見えるかしら?と見るのが日課になってしまいました。

 

 

ついでに、橋を渡った場所から撮った写真です。

この写真も初夏に撮ったので、木々も青々としています。

 

こちら側の袂のすぐ北側(写真では右斜め後方)が、

 

以前ご紹介したよ市の開催される材木町です。

 

駅方面から来る人のために、地下道にもよ市の標識がありました。

 

やっぱり地下道も、撮ってくれば良かった汗

 

 

こちらの袂は地下道から行くわけではないので

 

橋の名前を見ることができます。

黒御影石でしょうか?

 

「あさひばし」と平仮名で彫ってあります。

 

ところで、こういうものも橋名板って言うのかしら?

 

橋名彫刻? なんて言わないですよね。

 

 

 

本こちらもどうぞ本

  岩手県盛岡市のマンホール

  盛岡散歩・岩手医科大学旧館

  盛岡散歩・日本キリスト教団内丸教会とカトリック四ツ家教会

  盛岡散歩・岩手県立図書館

  盛岡散歩・映画館通り

  盛岡散歩・冬化粧の石割桜

  盛岡散歩・ブリティッシュ・コロンビア州議事堂

  盛岡散歩・盛岡城跡公園 その1

  盛岡散歩・盛岡城跡公園 その2

  盛岡散歩・櫻山神社

  盛岡散歩・岩手銀行旧本店本館(旧盛岡銀行本店)

  盛岡散歩・チャグチャグ馬コ

  盛岡散歩・開運橋

  盛岡散歩・盛岡バスセンター

  盛岡散歩・盛岡さんさ踊り2016

  盛岡散歩・盛岡七夕まつり

  盛岡散歩・材木町よ市

  盛岡散歩・宮沢賢治ゆかりの材木町

  盛岡散歩・岩手銀行赤レンガ館 その1

  盛岡散歩・岩手銀行赤レンガ館 その2

  盛岡散歩・岩手銀行赤レンガ館 その3

  盛岡散歩・紺屋町界隈 その1

  盛岡散歩・紺屋町界隈 その2

  盛岡散歩・上ノ橋

  盛岡散歩・福田パン

  盛岡散歩・一ノ倉邸のひな遊ぶ

  盛岡散歩・白龍 分店

  盛岡散歩・盛岡城で紅葉狩り

  盛岡散歩・櫻山神社の正月飾りと平船精肉店

  盛岡散歩・龍谷寺のモリオカシダレ

  盛岡散歩・鬼の手形の三ツ石神社

  盛岡散歩・原敬別邸跡

  盛岡散歩・旧宣教師館と下ノ橋教会

  盛岡散歩・川原橋と下ノ橋

  盛岡散歩・賢治清水と御田屋清水

  盛岡散歩・新渡戸稲造生誕の地と清水町のレトロ建築

  盛岡散歩・旧石井県令邸

  盛岡散歩・南昌荘 その1

  盛岡散歩・南昌荘 その2

ケリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス