自毛植毛手術★1年後 | 生まれつき額が広い人の韓国植毛

生まれつき額が広い人の韓国植毛

これは生まれつきおでこが広い30代半ばの男が植毛を決意し、生え揃うまでをリアルタイム報告するドキュメンタリーブログである。

去年の今日、2月11日に僕は韓国で自毛植毛をし、生えぎわに1900株植えました。
もう一年経つのか~。
最初の半年くらいはすごく時間が経つのが長く感じたものですが、いざ生えてしまうと、以前のデコ広の自分を完全に忘れてしまい、全く髪のことを気にしなくなるので、月日が過ぎるのが早く感じました。
特に以前と違うと感じるのが、風が吹いても全然動じなくなった事。
術前は風が吹くとうつむき加減で、前髪がめくれないようにしていましたが、今では堂々と上を向いて向かい風に立ち向かってます。
今回は夏以来でしたが、髪を切りました。その際に以前から悩まされていた、クセッ毛(縮れ毛)だった毛先が見事に切られ、後から生えてきている部分は直毛に戻っていることもあり、スタイリングに苦労することは全くなくなりました。
まだ完全ではないかもしれませんが、前髪にギザギザ(シャギーカット)ができてるのがわかると思います。クセッ毛が強い時はこれが出来なかったので、元に戻ってるということです。僕の場合はわりと早く元に戻ったかもしれません。



今回は既存毛と移植毛との境界を一本ずつ綺麗に上下にかき分けてみました


一年が経ち、色々変わったことがあります。僕は術前はAGAでもないにも関わらず、後退するのを気にし過ぎて、飲まなくてもいいのにフィナステリド系のフィンカーを飲んでいました。しかし、植毛して生えそろってからは特に必要がないと感じて飲むのをやめました。辞めて一ヶ月半位経つのですが、性欲はあまり回復しませんね。もうアラフォーだから元気なくて当然なのかな?
とにかく禿げてもないのに飲む必要はないでしょう。身体に悪いです。
あと個人的なことですが、彼女が出来ました。
以前の僕は恋愛に奥手では決して無く、むしろ積極的に遊んでいた方です。
しかし、女性とは距離を置いて付き合っていました。
これはなぜかというと、あまり親しくイチャイチャすると、女性に前髪をめくられるためで、見られるとドン引きされるのでは?という不安があり、距離をおいてたのでした。しかし、術後10ヶ月を過ぎて、生えぎわが完成すると、以前から好きだった女性に想いを伝え、付き合うことになりました。それからは彼女一筋です。
そして彼女と例によってイチャつくのですが、前髪をまくられましたが、とくに問題はありませんでした。しかし、「全く産毛のない生えぎわだね」とは言われましたw でも彼女にはいずれカミングアウトしようと思ってます。しても今の彼女なら理解してくれると思います。

また気が向いたら更新しまーす。




↓クリックしていただくと記事を書くモチベーションが上がります。