自分の心に素直に

人生面白がって

生きていこう!

 

=============================

 

あなたには軸がある

想像を超える可能性が

満ちあふれている

 

だから

あなたの想いを胞子に乗せて

あなたの見たい世界を

広げていくんだ

 

===============================

 

 

ゼロからの起業サポーター

かねこけいこです。

 

 

では、今日も

なりきりプレゼンターへの道。

 

 

初めましての方は

こちらからどうぞ。

 

 

 

vol.1 プレゼンテーターとして登壇!?

vol.2 まずはカタチから!

vol.3 ブランドもの

vol.4 なりきって選ぶ1日

vol.5 決死の覚悟より簡単な方法

vol.6 龍馬の店でレボリューションを語る

vol.7 土壇場で集中力を発揮!

vol.8 やる気よりその気!!

vol.9 感謝を忘れない人

vol.10 真っ赤なワンピース

vol.11 けいことは2度と一緒に行かん!!

 

 

 

前回記事

vol.17 桜に込めた想い

 

 

 

開業届を出しに行く時に

屋号をどうしようかと

考えていたのだが、

桜の木に力をもらいたい

と思ったのだ。

 

 

桜にちなんだ名前にしよう。

 

 

 

 

 

もう20年も前のこと。

当時は、大阪の北摂で

一人暮らしをしていた。

まだ20代半ばだった。

 

 

 

駅前から、緩やかな坂を

降りて行く。

人が通るだけの細い遊歩道。

 

 

 

その脇に1本だけ

桜が咲いていた。

 

 

 

こじんまりとした木だった。

その桜を見るのが好きだった。

 

 

 

 

 

雑誌か何かで

「桜があんなにも大胆に散るのは

また来年咲くことを知っているから。」

と書いてるのを読んだ。

 

 

それから、桜を見るたびに

思い返していた。

 

 

桜があんなにも大胆に散るのは

また来年咲くことを知っているから。

 

 

 

 

 

20年前に出会った言葉が

今のわたしの背中を押して

くれていた。

 

 

 

この2年ほど

行動して、失敗もした。

 

 

だからこそ

失敗こそギフト

ということがわかった。

 

 

 

 

失敗を怖れずに行動する。

それこそが、自分の花を

咲かすことになる。

 

 

桜のように。

春になれば必ず咲く。

 

 

image

 

 

本当は知ってる。

わたしもそうなんだ。

わたしが咲く季節がある。

 

 

だから、思いっきり

咲いて、散って、

咲いて、散って、、、

咲いて。

 

 

 

散ることを怖れなくていい。

 

 

 

桜があんなにも大胆に散るのは

また来年咲くことを知っているから。

 

 

 

この言葉は、20年経った

今だから、わかる。

 

 

 

 

つづく・・・

毎晩10時更新中!

 

 

L INEからメッセージお待ちしてます。

こちらから登録してね!

 

 

 

 

 

 

本命講座のメイキング

1 お見せできるものではありませんが。

2 お客様に手渡す未来は?

3 わからなければ体に聴く。

4 わたしの仕事は?

5 つい読んでしまう世界観ブログの秘密

6 未来創造日記

7 コレだけは外せない!

8 マインド×ノウハウ×行動

9 転機となった出来事

10 発信力とファンの方程式

11 アーティスティックに生きる

12 毎日ブログを書くのは○○を継続するため

 

 

 

 

 

 

 

 

【自分を信じること】

5歳の娘と二人で家出した

1週間1000キロの旅

クリックしたら読めます。

↓↓↓

 

 

 

 

世界観ブログが書きたくなって

しまった方はこちらに

ご登録くださいね。

↓↓↓

喜びから始める予祝起業術LINE@

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端で終わっていますが

覚悟の家出シリーズの前編とも

言える、子ども時代に

フォーカスしてます。

↓↓↓

しいたけ起業物語