成婚者の体験談(50代女性)

テーマ:

体験談、こちらに30人分ほどまとめてあります!

 

https://mbp-japan.com/hyogo/kekkon-monogatari/voice/

 

 

 

 

結婚物語。始まって以来の、先月の成婚ラッシュ。成婚された方から、またまたお便りを頂きました!

 

50代女性より

 

苅谷様

 

毎日蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

体験談募集中とのお話、新しい女性社員の方からお聞きしました。お手紙でもいいと言われたので、手紙で失礼いたします。

 

私は離婚をしてから、女手一つで息子2人を育ててきました。息子たちにお金のせいで不憫な思いをさせないよう、一生けんめいに働いてきたつもりです。

 

男なんてもうこりごりだと思っていたのに、息子が2人とも就職して家を離れたとき、ふと、「さびしい」と思ってしまったのです。

 

私はこれから、死ぬまでずっと、この小さなボロハイツの一室で、一人で過ごしてゆくのだろうか。

 

一人で起きて、一人でご飯を作り、一人で食事をして、一人でテレビを見て、一人で布団を敷いて、一人で寝るのだろうか。

 

 

たまたま、知り合いにそんな話をしていると、結婚物語をすすめられました。知り合いは非常に強引で、勝手に苅谷さんに電話をかけ、説明を聞きに行く日を決めてしまいました。辟易しましたが、今ではその方に感謝しております。

 

伺った私が、オドオドしながら「入会する気は無い」とお話ししたにもかかわらず、うんうんと話を聞いてくださって、「今までお一人で本当によく頑張ってこられましたね」と言ってくださったこと、とてもうれしかった。今でも忘れません。

 

あの瞬間に、思ったのです。

「そうだ、私は頑張ってきたのだ。頑張ってきたのだから、もう幸せになってもいいのだ」と。

 

苅谷さんは突然態度の変わった私に驚いていらっしゃったでしょうね。私は、苅谷さんのあの一言で入会を決めたのですよ。

 

私は年も年だし、相手がいるかしらと思いましたが、入会してびっくりいたしました。こんなに50代60代の男性がいるのね!こんなにステキな方がいっぱいいるのね!

 

パソコンの使い方が全然分からなかった私に、毎月時間を取ってくださり、二人でああでもないこうでもないと言いながら色んな男性に申し込んだのが、昨日のことのように思えます。

 

お見合いの服がないと言ったら、一緒に選びに行ってくれましたね。親子にしては年が近く、お互い敬語で話す私たちを怪しんだ店員さんに、「お二人はどういうご関係なんですか?」と聞かれて大笑いしたこと、覚えていらっしゃいますか?

 

Kさんとの真剣交際が終わったときは、年甲斐もなく泣いてお電話をして、ご心配をおかけしましたね。

 

Mさんは、苅谷さんイチオシの方でしたね。お母様と同居されていたので、私は候補から外していたのですが、「とにかく性格が優しくて明るくて、太陽のような人ですよ」と強くすすめられ、苅谷さんの言うことならとお会いする気になったのでした。

 

たまたま二人とも日帰り旅行が好きで、1度目から話が合い、交際が始まりました。とても楽しい方で、お会いすると笑ってばかりでした。同棲をすることになり、お互い歳なのでもう籍は入れなくてもいいかと思っていたのですが、Mさんが、「何かあった時に、あなたに財産を残したい」と言ってくれたので、このたび、入籍することにいたしました。息子たちも喜んでくれ、本当に幸せです。

 

リフォームしたばかりの綺麗な一戸建てで、起きたらMさんと一緒にご飯を食べ、一緒に散歩にでかけ、夜はMさんと一緒にテレビを見て笑っている。

 

こんな日が来るなんて、2年前は想像もしていなかった。

本当にありがとうございます。本当に感謝しております。

 

酷暑の折柄、なにとぞお身体おいといください。