サモアの記録ー7最終回 ビューティフルサモア! | 「ハレ ロミロミ オ ケカイマリノ」オーナーブログ  Nohona Hawai'i ーハワイ島暮らしー

「ハレ ロミロミ オ ケカイマリノ」オーナーブログ  Nohona Hawai'i ーハワイ島暮らしー

ハワイ島で「ハワイアンから見たハワイ」をシェアするプログラムThe Roots Of Aloha やロミロミのスクール&クリニック「ハレ ロミロミ オ ケカイマリノ」のオーナーをしています。そんな私のハワイでの生活、Nohona Hawai'i。


テーマ:

 

 

 

 

前回の続き。

 

4時間遅れでサモア独立国(以下サモア)を無事出国、アメリカ領サモアPagopago空港に到着。

頼んでいた無料送迎バスとは行き違いになってしまったので(運転手さん、無駄足ごめんなさい!!!!!)タクシーでホテルに向かいます。

 

前も書きましたが、Hotwireなどのブッキングサイトを使っても出てくるホテルは2軒だけ。

 

到着日に泊まった空港近くのTradewinds Hotel

そして島の真ん中くらいにあるSadieʻa by The Sea

 

 

今回は観光する時間もあるし首都パゴパゴ(現地の発音ではパンゴパンゴ)にあるSadieʻa by The Seaに泊まることにしました。

空港の名前にもパゴパゴとついてるけど、ここの住所はパゴパゴじゃない、実際のパゴパゴまでは車で30分くらいかかります。

千葉にあるけど新東京国際空港と呼ぶのと一緒だね。

 

 

空港からしばらくはサモア にくらべてアメリカナイズされた景色が広がります。

サモア なんだけど、そこかしこにアメリカの香り。

空港近くにはヒロにあるCostULessまである。

 

でもこうやって比べてみると、ハワイってやっぱりあくまでもアメリカなんだなあと思う。

アメリカにポリネシアの香り。

 

 

空港周辺をすぎるとあとはこんなのどかな南太平洋らしいの景色。テンションあがります。

同じ「南国」でもハワイは北半球、サモア諸島は南半球。

この「南太平洋」感はハワイにはないかんじ。

 

 

 

 

 

そしてようやくチェックインして、お部屋から見た景色がこれ!

サモアの冷房のない空港で待った疲れもふっ飛びます!

 

 

 

 

もう夕刻だったので、シャワーで汗をながして、ホテル内のレストランへ。

もちろん外の席を選んで、もちろんとりビー。ここでもVailima。

 

 

南国の夕方ってサイコー。

ハワイに住んでても何度でもそう思う。

 

 

 

サモアで食べた野菜といえばパルサミに入ってるルーアウ(タロイモの葉)やラウペレと呼ばれる少しヌメリのある葉野菜で調理したものが中心、フレッシュな生野菜に飢えていた私は、迷わずシーフードサラダを。

 

↑あっ、食べる前にビールもう半分💦

 

 

お魚、エビ、ムール貝、全部新鮮で美味しかった。お魚はともかくムール貝もサモア産なのだろうか!?

 

 

 

 

そのうち、こんなかわいいお客様登場。

 

 

 

そして、手が出た😸

 

 

 

おだやかな南国の夕暮れ、どこまでもおだやかに暮れていきました。

 

 

 

 

 

 

翌日はパゴパゴの街を歩いて散策。

首都といってもサモアのアピアのほうがずっとずっと都会!

パゴパゴ、ヒロのダウンタウンよりだいぶ田舎、といったらわかりやすいでしょうか。

 

お店が数軒、マーケット的なエリアや小さいスーパーみたいのもあって、あとは郵便局、バスターミナルなど。

でも歴史ある建物はなかなか素敵でしたよ。

行きたかったミュージアムは改装中で残念。

 

 

↑バスはサモアのほうがかわいかったかな。

 

 

↑横道にあった店。この店主が書いた感満載の手書きのファストフードの文字に惹かれて思わず入ったレストラン(?)。

ってか中はハワイにもありそなお持ち帰り中心のチャイニーズでした。

 

こちら中華だけど、主食はお米以外にもやっぱりウムで焼いたタロイモとバナナ。

一人だとあまり写真を撮らない習性なので、写真なくてすみません。

 

午後からはホテルでのんびり。

夜の便でハワイ戻るのでこの夜は宿泊する必要なかったのだけど、遅い便だったので部屋はこの日もとってあった。

これ大正解。

シャワー浴びて、涼しい部屋で冷蔵庫から出して来た冷たいビールと買ってきた中華でランチにして、ホテルの前の海にザブンとして、またシャワーあびて、アイスコーヒー作ってプールサイドでのんびりして。

サモア諸島はハワイより蒸し暑くて、そと歩いて汗だくになってそのまま夜の飛行機はきっと辛かった!

 

 

↑入江になってるところから見たホテル。

 

左の植物は、ハワイでいうハウにハラ、下に生えてるのはナウパカ。

一緒すぎて笑える。

 

 

そんなこんなで夜になり、送迎バスで空港に向かいました。

あの南太平洋的な景色がもう一度見たかったけど、もう暗くて見えなかったのが残念。

今度くることあったら絶対レンタカーをかりよう!

 

そう思いながら空港についたら、レイスタンド、、、というかレイ売りのおばちゃんたちを発見!

 

 

 

 

サモア独立国 に行くために来たときはなかったので、きっと国際線やハワイ便の発着時だけ出るのかな、という印象。

そこでなんとマイレ発見!!!

サモア産マイレがあることにびっくり。

香りもハワイのマイレと同じです。

葉っぱは小さいのもあったけど、こんなサモアン相撲サイズもあって、思わずこちらを購入。

 

↑ライターと比べてもこのサイズ!

 

 

こうしてアメリカンサモア ーサモア ーアメリカンサモア の旅が終わりました。

 

 

 

 

 

ホノルルからヒロ行きの飛行機に乗り換えて、ハワイ島が見えてくると心底ほっとする。

 

 

↑そして我が家も見えた!もう少し!!

 

 

私にはやっぱりハワイ島、やっぱりヒロ。

生まれ故郷の日本からでも、ただのオアフ滞在でもそう思うんだけど、同じようなカルチャーの南国サモア から帰って来てもそう思う。

 

 

旅は楽しい。

でも、自分が住んでいるところがどこよりも好きと思える人生って、もしかしたらとてつもなくラッキーなのかもね。

 

Beatiful Samoa!

Beatiful Hawaiʻi!!