苦しませない事である。

当然ながら相手に敬意を払い、行う
行為と知る。
ここで興味を引くのが止めは刺す。

決して斬るではない。
(言葉の問題です)

生死の確認は呼吸が有るか、或は
心臓の鼓動が確認出来るかが判断
材料になっている。
決して脳死判定ではないのである。
形における真や野送りなどは止めを
差さない。
と言う事は、確実に死ぬという事で
ある。

止めを刺すとは、心臓の動きを止める
為に行う刺突行為なのである。
しかしながら、この行為を居合の形で
行った場合、明らかに違和感を覚える
のではなかろうか?
では何故違和感を覚えるのだろうか?
ここに大きな課題が有るからである。


政治的発言は控えている。

何が正しく、何が間違っているかの
判断は、何を根拠にすれば良いのか?
報道の偏った発言の一つをとっても、
やはり判断が難しい。

では一体何を信じて行けば良いのか?

自分を考えた場合、やはり国の為が
一つの基準となり得るのだ。
国の為という事・・・

要するにただの日本人ではなく、本当
の意味での日本国民でなくてはならな
いと思うのです。
自分の国に誇りを持ち、先人が守って
来たこの日本を、後の世代に引き継が
なくてはいけないのです。

「 一所懸命 」

武士道の根源が、ここに有るのです。


今日で今年の大泉稽古は終了である。

寒さではなく、冷たさに体全体がまだ馴染ん
でおらず、怪我の無いように気を使う。
気持ちは若くとも体が付いてこない。
準備運動が足りなかったのか、肘に違和感を
覚えてしまう。
残り少ない今年を無事に乗り切りたいもので
ある。


時にカメラはその真実を映す。

武道において、写真はその人の生き様を
映し出す事が多々有る。
どういう事か・・・。

武道は武術の裏打ちが有って存在する。
その世界を歩んで来た人にしか分からない
世界でもある。
生きるか死ぬかの世界なのだ。

その言葉には違和感を持たれる方もいる
だろう。
それはそれで否定はしない。
それを乗り越える事が出来ない時は、
当然ながらそれを乗り越えて来た人とは
格が違う。

武道において、格の違いとは何なのだろうか?
では武術においての格の違いとは何なのか?

今はただ、真摯に稽古に励みましょう。


そこには超えてはならない一線が有る。

奥入り書で五常を戒める。
では五常とは何なのか?

親しき仲にも礼儀あり。
礼が軽んじられる世界に武道は無く、
当然ながらそこには誠も存在しない。
自分の行いをもう一度振り返って頂き
たい。
その行動がどれだけ他の人に対し幼稚
に映るかを。

謙虚に生きましょう。
では一体謙虚とは何なのか?
それが今の貴方の課題なのです。