けーとのゆるブログ

けーとのゆるブログ

けーとのゆるブログ。
たまにLGBTについて、当事者目線で触れていきます。

Amebaでブログを始めよう!

どうも、けーとです🙌



僕が性同一性障がいの正式な診断を受け、身体治療の第一歩、ホルモン療法に進んだのは
2012年の7月。
そこからこの夏で丸6年になります。
小学生も中学生になるような時間、僕は月に2度のペースでホルモン注射を打ち続けてきました。




身体の変化は、声が低くなったり髭が生えたり体毛が濃くなったり、肌が荒れたり。
今のところ禿げは見受けられない。

男性ホルモンの影響が絡むと、いわゆる 一般男性と同じような身体に近づく変化が起きます。
女性の機能である生理は、2本目くらいから来なくなりました。




身体の変化は手術をすること以外は一通り終えたけど、今も変わらず戦わなきゃいけないのは精神面への影響。




怒りっぽくなった事は自分でも明らかに自覚していて、心に波風が立つことが多くなった。
どうしようもない怒りや不安を感じるんだけど、「そんな事でこんなに怒ってきたかなぁ?」と思うばかりで、その後に必ず自己嫌悪に襲われる。




この精神面の変化に自分自身でついていけず、身体治療を後悔したり、最悪の場合は鬱になり、自死してしまう当事者の方もいるらしい。




ただでさえ ずっと社会や家族との折り合いに悩んでいるのに、自分自身とも戦わなきゃいけない。


社会の偏見や家族にどうしても打ち明けられずに自ら命を絶った人を知っている。
それは、1人や2人なんかじゃない。


それから、性別適合手術に失敗し、合併症状を起こして亡くなった人。
手術には成功したのに、それを後悔する人。





少なくとも僕は、声が変化した事で救われた。
それまでは自分の声が大嫌いで、聞かれるのが嫌で誰とも必要以上に関わりたくなかったし、そうして塞いでいたから伝わらずに起きたトラブルもあった。




今は、自分の気持ちの波がありすぎる事についていけずに苦しんでいる。


どうしようもなく込み上げてくる不満とか怒りの多くは、取り留めもないコミュニーケーションの中で生じるもの。
自分の不注意や失言だけでなく、相手の言葉に傷つく事なんて、万人が経験するもので日常的な事。

その中で、ホルモン注射を打つ間隔がズレると 気持ちが沈んで鬱状態にもなるし、打った直後はとにかく三大欲求が爆発している。

最悪な事にそれらが噛み合ってしまうと、もう自分でも手がつけられないほど頭に血が上ってしまう。




何でもかんでも注射の影響のせいにするわけではないけど、僕は1人では生きていけないから、誰かとコミュニーケーションを図る上で 大きなリスクであることは間違いない。



ましてや僕は現在、相手から言われた言葉だけを信じて サポートする仕事に就いていて、そこで受けるストレスもなかなかなもの。
突発性難聴の診断を受け、現在も聴こえはあまり良くない。




出来るだけ遠くに遠くに気持ちを追いやること。
自分と相手を傷つけない為にやってきたこと。
だけどそれは違うんじゃないかって思う部分もあって、何度かトライするけどやっぱりダメで。



どうやって治療で受ける精神影響と付き合っていくのか、今までもずっとそうだったように、これからも手探りでやっていくしかない。


ホルモン注射を打ち始めてから、カウンセリングも止まっている。
そろそろ再開して、次の段階に向けて身体だけじゃなく気持ちも作っていこうと思う💪


どうも。けーとです🙌


今日、実質的には僕を父親代わりとなって育ててくれた、偉大な祖父が亡くなりました。


愛犬がギャン泣きするには早すぎる5時頃。
どうしたんだろうと思いながら、それでも頭はしっかり覚醒してしまって、不思議に思ってた。


今思えば、祖父が声をかけにきてくれたのかも知れない。



父親が喪主を務めることにはなったが、何せ感情的で泣き虫な人なので葬儀の段取りやら何やらが一向に進まなくて、来てくださった方への挨拶もままならないので、途中なんとなく代役を務めた。



数年ぶりに会う親族が多すぎて、僕の治療的な変化に追いつかず「あれ、どちら様…?」となった時。



婆ちゃんは「長男の息子」とか
親父は「俺の長男」とか、
そういう風には言ってくれなかった。



長男の孫、ならまだしも
「長女」
俺の子ども、ならまだしも、
「娘」



これは一生解けない呪いなんだと思った。



どこまでいっても付いてくる。
どこまでいっても逃げられない、変わらない生まれた時の事実。



今日1日疲れたな。

あけましておめでとうございます(´∀`)

年が明けて少しして、誕生日も迎える僕です。


晴れて28歳となりました、よく生きてきたもんだ。

生かされている事を忘れず、ここまで生きてきた自分と周りの皆さんに感謝しつつ またのらりくらりと生きていきます。


いや、のらりくらりとではなく
今年も変化の年にしようと思っているのです(´ω`)


いよいよ身体の事も前に進めようとしています。
30歳までに、というのが目標だったのでこの3年が勝負です。
人生のターニングポイントとなるでしょう。
自分の歴史が動きますよ。笑



死んでしまっては意味がないけど、明日も生きている保証は誰にもないので、できる限り自分を大切にしていきます。
なので皆さん 出無精な僕に会いに来てください。笑



ま、とりあえず宜しくってことです(´∀`)



おまけ
元旦だけお休みだったので、ちゃんと着替えて出かけました。
初売りってすげぇ…!!

{518C45B1-72CB-415C-99E3-8B06636A94D5}


 

人の気持ちは、少しのきっかけで変わることもあれば、全然変えることができないこともある。

そんなことはわかってる。つもりだった。

 

 

 

どこかでやたらと自信があった自分に気づいてしまって、でも、現実はそう簡単でもないことも同時に気づいてしまった。

 

 

 

そうしたらそれまでの気力が一気に抜けてしまって、腑抜けになった。

余裕がまったくなくなって、体調にも出てしまった。

悪い癖が暴発した。

自分なら大丈夫だっていう、根拠のない自信。

 

 

 

それが勢いに繋がることもあるし、勢いが必要な物事は世の中にたくさんある。

 

 

 

 

でも僕のあの時の決断は、決して勢いなんかじゃなくて、色んなことを見据えて、覚悟をきめたことだった。

 

 

 

だけど。

それは僕だけの覚悟であって、相手がそうとは限らない。

そんな簡単なことを、勝手に乗り越えた結果がこれ。

てか昨日の体調の悪さ。笑

 

 

わざわざ前途多難であろう僕の人生に巻き込んでいいものだろうか、とかね。

 

 

 

焦って相手がみえなくなるようではダメだなと思う。

僕が僕でいられるのは、他人がいてこそなんだから。

 

 

 

 

イメージしたことは現実になる。

イメージだけを強く持ち続けること。今の選択が明日に繋がっていくんだ。

 

 

 

明日の自分が、今日の自分をできるだけ恨まないように。

慎重だけど、大胆に。

そうやっていたいものです。

 

 

 

ゆっくり時間をかけて、ようやく手放したことでみえたものは

今の俺にとってかけがえないものだったんだよね。

 

 

あの時、もっとこうしてあげていたらと気づいた気持ちを他の人に向けたら、

色んな人が笑ってくれるようになった。

その中の1人でしかなかったのかも知れない。

 

 

笑顔は誰だって可愛い。

そこに性別も年齢も人種も国も、信じているものも関係がないと思ってる。

 

 

その中でも、やたらと目を惹きつけた人。

 

 

 

 

どんなところにいるのかも、実際はどんな人なのかもよく知らない。

たまたま一緒にいただけ、それだけの人。

 

 

 

 

今思えばどうかしてるのかもしれない。

それでも、気にかけずにはいられないような、そういう人。

 

 

 

拒絶はされなかった。

考えてくれると言ってくれたら、それだけで良かったけど。

 

 

 

 

今はもう何度も身に覚えのある感覚しか感じない。

何をしてるんだろうとか、楽しく過ごせてるかとか、次はいつ会えるかとか。

人を好きになって、本気になった時に感じること。

 

 

 

 

俺は基本的に、人に執着がない。

だから友達も少ないと思ってる。

だけど、大事にしたいと思った人達のことはみんな、できるだけ言葉を選んで、

大切に思ってるからこそ本音も話す。

 

 

 

そういう俺が、こんなに必死に繋がりを求めていて、寝ても覚めても何かできることはないのかなんて考えてる。

自分でもびっくりしてる。

 

 

 

いつになるかわからない返事を、どれだけでも待とうなんて

せっかちな俺がよく言ったものだと思う。

 

 

 

昔から思っていたんだけど、誰かに何かを伝えようと思った時

言葉はものすごく薄っぺらいなってもどかしさを感じてきた。

 

 

 

どうにかして俺の頭の中が丸ごと全部伝わるような、そんな仕組みはないのか?とか、頭のいい人たちの活躍を願ってる。笑

 

 

 

 

会いたいとか、話したいとか思ってる時

伝えたいなって思ってる時って、だいたいそういう状況にいないから、そう思うわけで。

 

 

生まれてから死ぬまでに、その時々で、どんな関係であれ

大事な人には、その瞬間には1人ずつしか出会えないと思ってる。

 

 

 

無い縁なら作る。

いつだって自分で変えられるとは思ってる。

 

 

 

だけど、こればかりは。

俺にはどうにもできない。

タイムマシーンがあれば、少し先の未来を覗きに行くのに。

 

 

 

現状維持って、結構しんどいんだな。初めて知ったわ。

いや、待てをくらってたことはあるけれども笑

会うことはできたからな。

 

 

手ごたえみたいなものが欲しい。

それは結局、自信が無いからだと思う。

半端な気持ちで伝えたつもりはないけど、ここでいう自信ていうのは、きっと自分に対しての事。

 

となれば。

修行あるのみ。