iTunes Storeから購入した音楽のDRMを解除フリー化する方法 | iPhone_User_Now!

iPhone_User_Now!

Apple/iPhone/iPad/スマートフォン/タブレット/アプリ/IT/モバイル関連の記事を不定期でGREEのiPhone_User_Nowコミュニティ用に記事を書いています。

photo:01



今回は手軽にiTunes Storeから購入した曲やアルバムのDRM解除しそのうえでDRMフリーな音楽として再度iTunesライブラリへ戻す方法を紹介します。


iTunes Plusへアップグレード別料金での購入なしでフリーミュージックへ変換しiTunesライブラリへ同期する方法です。


*DRM解除について合法かどうかについても含めご本人自身で判断し全ては自己責任で行って下さい。

また私はこれらを勧める者ではありません。



まずは「DRM」とは何か?と言う専門用語などでの難しい話しは省き手っ取り早く言えば「著作権保護」機能により著作者に断りなくこれを営利目的などで利用したり音楽、ディスクなどの複製をきんずるためのプロテクト機能です。


携帯のワンセグ録画やDVDなどもこれらの保護プロテクト機能がついてます。


CDについては現行の物は順次DRMを廃止しています。


また実際にこのiTunes Storeから購入した曲についいるDRMが付いていると何が出来ないのかと言う事ですが次の通り。



1、音楽CDとして書き出し出来ない。

2、着うた作成出来ない。

3、音楽プレイヤーアプリなどで再生出来ない。

4、手軽に音楽ファイルを持ち出し再生したり共有出来ない。

など他。


ミュージックプレイヤーアプリで色んな音質で聴きたいのにStoreから購入した曲は選択出来なかったり着うた作成で選択出来なかったりしガッカリしますよね。


では方法を紹介していきますが方法は前置きは長かったですが方法は至って簡単でシンプルです。



【必要な物】

①パソコンのiTunes

②市販の空のCD-RかCD-RW。

何度も利用出来るCD-RWがベスト。



【DRM解除手順】


①iTunesからDRM解除したい曲やアルバムのプレイリストを作成します。


アルバムなどの場合はプレイリスト名をアルバム名などにしておくと分かりやすい。

*プレイリストの作成方法はここでは説明は省きます。


②プレイリストが出来たらプレイリストを選択し右クリック→「プレイリストからディスクを作成」をクリック
↓↓
photo:02




③表示された画面のディスクフォーマットの「オーディオCD」を必ず選択しチェックを入れ「CD-Textを含める」にチェックを入れとくと、iTunesで一旦インポートすれば曲にタグが引き継がれますので便利です。
↓↓
photo:03




④最後にドライブに空のCDを入れ「ディスクを作成」をクリック
↓↓
photo:04


書き込み完了すればDRMフリー化がたったこの単純な事で完了。



⑤最後にDRMフリー化したただの普通の音楽CDとなった先ほどのCDをドライブに入れ普通のCDのインポートと同様の手順でiTunesライブラリに入れ直せば完了。


ライブラリにDRMの付いたアルバムがある場合は同じアルバムに入ってしまう場合がありますので曲の「プロパティ」からアルバム名などを多少変えて違うアルバムとして編集し直して下さい。


手っ取り早くDRM版の曲やアルバムを削除してしまうのが簡単ですが。


て事で簡単シンプルにDRMフリー化が出来ました。


キーワードとなる今回のポイントは「プレイリスト」と「オーディオCD」ですね。


ライブラリミュージックはプレイリストしてしかiTunesから直接オーディオCDとしてディスクへの書き出し出来ないと言う事。


またオーディオCDとして書き出ししないとDRMがフリー化出来ないと言う事が今回のポイントでした。


因みにiTunesから購入した音楽は「m4p」と言う形式で表示されCDからiTunesへ取り込んたフリーな音楽は「m4a」と言う形式で表示され保存されてると思うので見分けかたの 参考に。


皆さんのiTunesでのミュージックライフにお役立て下さい。