○○館の殺人 | 日曜は勝手にショートショート
2013-09-16 04:43:36

○○館の殺人

テーマ:ショートショート

「『体育館の殺人』って知ってますか?」

「ああ、鮎川哲也賞をとったミステリだろ。作家の名前は青崎なんとか」

「青崎有吾さん。若い人ですよね。傘一本を使った論理がすごかったです」

「なんか、新刊出たんだろ」

「『水族館の殺人』。綾辻さんのように『○○館の殺人』としてシリーズ化するんですかね」

「そうかもな。じゃあ、次回作を予想してみるか」

「『図書館の殺人』。これ絶対ありそうじゃないですか」

「いいねえ、図書館の書庫で人が殺されている。

え、こっちに死体ないぞ、しょこじゃないです、って師匠が言う」

「なんか、おやじギャグ(死語)、入ってるんですけど」

「スルーしてくれ」

「はい、スルーします。あと、『美術館の殺人』。これ、きっと、ありますよ」

「名画の前で裸でへんなポーズとって死んでるんだよな。フリーメーソンが出てきそうだ。

自由に瞑想する団体だから、フリー瞑想ってね」

「もちろん『映画館の殺人』もありますよね」

「こりゃまた、見事にスルーするーね。くっくっく。

映画館で殺人事件って、ええがいね~」

「一気にいきますね。『博物館の殺人』『科学館の殺人』『文学館の殺人』『記念館の殺人』」

「よし一気に行くぞ。『金沢文芸館の殺人』『海みらい図書館の殺人』『鈴木大拙館の殺人』『石川県立図書館の殺人』『ふるさと偉人館の」

「なんでそこ、金沢のガイドブック見てるんですかー。

あ、でも『異人館の殺人』ありかも」

「異人館に連れられて逝っちゃった~、って童謡殺人?」

「『昆虫館の殺人』もいいなあ」

「虫だけに無視すんな~。

よしじゃあ、これはどうだっ。

『キラー・カーンの殺人』、『チャカカーンの殺人』、『ブラウンカーンの殺人』」

「『旅館の殺人』って字足らずでした。でも単に湯煙殺人旅情みたいな、きっと2時間ドラマっぽい展開ですね」

「だからね、ブラウンカーンって、ブラウン管ね。でもいまどきブラウン管って言っても通じないし」

「『秘宝館の殺人』。なんか卑猥かも~」

「『玄関の殺人』っていきなり玄関で殺されてるよ」

「あ、忘れてた、『大使館の殺人』。スパイ物っぽいかも」

「あ、忘れてた、『遊学館の殺人』。バトンで殺されるやつな」

「それ、怒られますよ」

「じゃあ、『遊○館の殺人』で。『○学館の殺人』でもいいけど」

「同じことですったら」

「バトンの代わりに、バットや卓球のラケットで殺されてもいい。

卓球と言えば、『体育館の殺人』のワトスン役、卓球部だったよな。

あ、なんか話、まとまった感じしねぇ」

「全然まとまってません。でも、そろそろ出尽くした感があるんで、やめませんか」

「いいな、それ。『出尽くした感の殺人』」

「はい、おあとがよろしいようで~」

keita2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス