スマグラー おまえの未来を運べ | Poco a poco -難病と生きる-

Poco a poco -難病と生きる-

スペイン語の「poco a poco」は、日本語では「少しずつ」「ゆっくりゆっくり」という意味です。遺伝性による難病、脊髄小脳変性症を患っていると診断された2015年7月15日(当時34歳)以降、少しずつ身体が動かなくなる恐怖と闘いながら、今日を生きる僕の日記です。恐縮です。


テーマ:

職務から解放されて、サラリーマンのそれより早い時間の帰宅。

誘い出す友人がいなければ、外食に出向く金銭だって惜しい。

ウォーキングに出るには、疲労感に苛まれている。

そんな時は、部屋で一人、映画鑑賞に耽るのである。

 

スマグラー おまえの未来を運べ

(内容紹介)

夢に挫折してその場しのぎの日々を過ごす若者が、もうけ話に乗ったつもりが死体などのヤバイ荷物の運び屋(スマグラー)として働くハメになるアクションエンターテインメント。「闇金ウシジマくん」などで知られる真鍋昌平の原作を、『鮫肌男と桃尻女』『茶の味』の石井克人監督が独自のエンターテインメント演出で映像化。人生に迷い、死と隣り合わせの世界に足を踏み入れる若者を妻夫木聡が好演するほか、永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかり、安藤政信ら実力派キャストが真鍋ワールドで怪演を披露する。クライマックスに主人公が起こす爽快(そうかい)な奇跡が感動を呼ぶ。

 

Amazonプライムビデオのおすすめ映画タイトルとして表示される。

豪華な俳優陣を見て、安心できるクオリティであると確信する。

好んで見る、アンダーグラウンドで底辺な世界に生きる主人公。

ところが終盤、あまりの凄惨さに一度は画面を自ら消してしまう。

 

特別に身体を鍛えているわけでもない主人公が、拷問に掛かる場面。

目隠しされ、ヤクザから痛めつけられる描写が暴力的で痛々しい。

サディスティック過ぎる表現の為、視聴をお勧めしない。

が、主人公が受けた拷問は、普段僕らが味わう痛みと近いはずだ。

けーすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス