年明け初めてのブログとなりました。

 

スタートから何だか慌ただしくブログの更新を怠けておりました。

 

反省、反省。

 

さて、タイトルにも有ります耐用年数。

 

最近修理の訪問先でちょくちょく聞かれるワードです。

 

因みにダイキンのルームエアコンには10年と表記

されています。

 

これはあくまでも目安でしか有りません。

 

いつもユーザーさんには

『大切に扱えば長く持つし、関心を持たなければそれ以下です』

と伝えます。

 

車でもオイル交換をこまめにすれば長く快適に乗ることが出来、

そうでなければ、色々な箇所にストレスが掛かり

故障に繋がる。

 

エアコンもそうです。

 

 

また10年で部品が無くなるというわけでも無く

10年で故障=買替と言うわけでも無いと思います。

 

故障個所、金額等を総合的に判断し買替か修理かを

判断してください。

 

内閣府経済社会総合研究所公表の消費動向調査によると

買替までの平均年数は13.6年との事で

買替の動機は65.2%が故障によるものだそうです。

私からすると故障以外で35%の方が買い替える事が

驚きですが。

 

平均13.6年の買替時期を少しでも伸ばす為

に役立てますように。