お客さんから時々言われる言葉。

 

『もっと今までとは違うエアコンらしくないデザインのはないの?』

 

確かに、一目でエアコンと解かるデザインばかり。

 

メーカーは違ってもエアコンと判断しない人はいないと思います。

 

そんな中、先日ダイキン工業から『らしくない』エアコンが発売されました。

 

『リソラ』

 

名前が先ずオシャレです。

 

最近のエアコンは奥行きが厚く

 

前面に出てくる製品が殆どです。

 

しかし『リソラ』は奥行き18.5㎝とかなり薄い印象。

 

カラーバリエーションも6種類。

 

部屋のインテリアに合わせてエアコンを選ぶ。

 

インテリアや部屋の雰囲気にこだわりがある人にはお勧めです。

 

 

先日弊社でもリソラを販売しました。

 

こちらはスイッチオンの時の状態

 

色はグレイッシュブラウンメタリックと言う1回では覚えられない名前です。

 

 

近頃ずいぶんと暖かくなってきました。

 

日中の作業では夏服でも良いくらいの気候です。

 

さて、弊社も5月で7周年を迎えます。

 

今まで積み上げてきた経験や実績は

 

皆様方の支援あっての事だと強く感じます。

 

そして創業と同じ時期に日々の日課として行ってきたことが有ります。

 

それはトイレ掃除です。

 

毎朝出勤前に自宅のトイレに膝をつきしっかり磨いております。

 

 

始めた頃は『トイレ掃除をすると金運が上がる』みたいな事で始めた気がします。

 

それが、毎日トイレ掃除をしていると目的が違う事に気が付きました。

 

『トイレ掃除は自分自身を見つめなおす時間』   『トイレ掃除は自分磨き』

 

そう気づきました。

 

膝をつき頭を床の高さまで下げ掃除をして行きます。

 

毎日するので5分くらいで終わりますが、私の大切な時間です。

 

何事も続けるのが苦手な私が継続している事ですが、

 

毎日トイレを眺め、1日掃除しただけではこの状態にならない事を感じます。

 

積み上げた結果がそれを見せてくれるのです。

 

7年間で随分と支持して下さるお客様が増えました。

 

コツコツと積み上げる事の大切さ、

 

顧客台帳でお客様の数を見た時にそれを感じました。

 

8年目もコツコツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナス8℃。

 

聞くだけで体の芯まで凍えそうな温度。

 

先週はその温度を体験してきました。

 

と言っても何かの実験室などではなく

 

男だけの冬キャンプに南小国町まで1泊2日で行ってきたのです。

 

キャンプ場に到着したときの気温は日中で2℃

 

風も強く寒さはとにかく強烈でした。

 

 

ヒートテックに薄めのダウン、ウールのパーカーの上に

 

ダウンを着てフル装備でしたが寒いものは寒い。

 

周辺で吹く強風が体温を奪ってゆきます。

 

翌日の最低気温はマイナス8℃の予報。

 

相当な覚悟で朝を迎えました。

 

予報通りのマイナス8℃。

 

期待していた

 

雲海も見れず残念でした。

 

ただ、前日と違い寒さを感じない事に気が付きました。

 

風が吹いてない。

 

それだけでこれだけ体感が違うものだと

 

改めて経験しました。

 

                  キャンプ場からの夕日

 

 

シーズンを通して『エアコンの効きが良くない』という

 

依頼で訪問すると、フィルターの汚れや本体そのものの

 

汚れによる風量不足で部屋全体の温度調節が

 

出来ない事例は少なくありません。

 

キャンプで寒さを経験し改めて

 

空気の動きが有るか無いかの重要性を

 

再認識する機会となりました。

 

私が出来る事は

 

永く快適にエアコンを使って頂くための啓蒙活動。