MT埋没法  | 恵聖会クリニック女医のブログ

恵聖会クリニック女医のブログ

大阪 心斎橋と京橋にある恵聖会クリニックの女医の日常を綴るBLOGです。


テーマ:

恵聖会クリニックです。
今回は埋没法について紹介します。

MT埋没法はメスを使用せず比較的簡単にできるプチ整形です。


ご希望を聞きながら二重のラインをデザインし、
まつげ
点眼麻酔と消毒をして、瞼の表と裏側に局所麻酔をします。注射
二重にしたい位置の皮膚と瞼板(まぶたの内部にある硬い芯のような組織)に細い糸をかけて結び、結んだ糸を埋め込みます。


糸を留める数によって1点留~3点留があり、一般的に留める数が増えるほど二重が取れにくくなります。
MT埋没法は、まぶたに埋め込む糸(1点・2点・3点)の幅を可能な限り小さくし、まぶたに残る糸を少なくすることで組織の負担を少なくします。

手術は約10~15分程度で、お化粧は翌日より可能です。sao☆
個人差がありますが、目立った腫れが引くのに1週間、
ラインの最終的な完成まで1ヶ月が目安です。

まぶたの厚さや脂肪の付き方、眼瞼下垂の症状(目を開ける力が弱い)があるかどうかで、後戻りのしやすさは異なります。腫れぼったい目、目を開ける力が弱い人、アトピーや花粉症で目をよくこする人、幅広い二重をつくった場合はとれやすくなることがあります。

以下、モニター症例です。した

症例①
症例1

症例②

症例2

ご興味のある方は、是非一度ご来院ください。
MT埋没法はこちら 

恵聖会クリニック女医さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス