愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:




いまだに、御支援者の皆さんや、職人さんたちに、気にかけてもらい、声をかけてくださる方が、たくさんいて、元気をいただいています。


生きてく為の手続きなど、色々やらなければならない事を、やりこなしています。


建築現場を通り過ぎると、懐かしく、足を運びたい衝動も出ます。

まだ、私を必要としてくれているのならば、同じ道をなんとか探したい。諦めずに、いきます。


=============


いつもフードの応援をありがとうございます!!

ずっと、お礼を書かなければいけなかったのに、遅くなってしまい本当にごめんなさい!

(11/9日現在の御礼)





↑↑

「猫と暮らす幸せU-knouさん」

御支援いただいてから、かなり時間がかかってしまいごめんなさい

もう少ししたら必ず復帰いたします!必ずご支援は無駄にしないので、まっていてくださいね!いつもありがとう




↑↑

「こちびさん」

御支援や、応援メッセをありがとう!

いつも、さまざまな事を、気にかけてくれて助かっています

フード、もう少ししたら、必ず、飯舘の猫達に届けます、待っていてくださいね!!








↑↑

「茶とらとミケママさん」

ずいぶんお時間がたってしまい、本当にごめんなさい

いつも私たちが好きなお菓子まで、入れてくださって感謝です

もう少ししたらまたいきますので、それまで預からせてくださいね!

いつもありがとう!













↑↑

「リスタさんより」

飯舘村の犬猫たちへ、大量の御支援ありがとうございます

わたし一人では十分すぎる量、託していただきました

現地仲間たちと、分け合って飯舘で使用させていただきたいとおもいます!シェルター頑張ってください!







「そぼろさん」

福島の為の御支援をありがとうございます!

今月はお休みさせて頂いたこともあり、ご支援は次回の飯舘行きにまわさせていただきますね!

以前の御支援もストックされています、現地での不足分に使用させていただくようになるので、追って購入品載せますね!




「yogatreeさん」

フードの為のご支援をいつもありがとうございます!

現地には、今後、道中が長く体力がもたないこともあり、新幹線で行くことも増えます(泣)、よって現地でフード調達が多くなるので購入品は追って書かせていただきますね!







「仲間のやまちゃん」

会社が廃業し、小屋を作らなければならないときいて、応援の御支援を送ってくださりありがとう!

せっかくなので、飯舘に行く時の費用にあてさせていただきますね

小屋は急速で完成したよ!




「大工のノダさん」

最後の現場で、差し出してくださったご支援は、活動に必ず使いたいとおもっています

いつも福島のこと、原発のこと、ネコたちのこと、話をきいてくださり気持ちが楽になりました、必ずまた大工さんとこに戻れる道を模索します、待っていてください!





============



10月で会社が廃業、解雇。

会社付近に残された野良猫さん3匹は、置き去りにされることなく、事務員さんと手分けして、私が2匹ひきとりました












しかし、家にはもう、保護場所がすでになにもない!

家族を説得し、廃業までに、何とか、小さな庭に小屋を建てなければならなかったのですが、



「超急ピッチでやってほしい!」、彼様には、ものすごい無理を言い・・・

暗くなるまで、小屋を完成させてもらいました






熱から守る為の断熱剤から、フローリング、換気扇に、エアコン。



廃業だからと・・餓死させて知らん顔など到底出来ない

お金は正直相当かかりましたが、快適な小屋が夜には完成!





とりいそぎ4段ゲージもセットし、餓死させることなく全て3匹は、それぞれ、安全を獲得できました



=============



廃業だからと泣いてらんない


次から次に問題が起こります。



飯舘から保護してすでに3年一緒に暮らしている「ちょびちゃん」が

突然、歩いてはへたりこむ、歩いてはへたりこむ・・・の繰り返し。



しまいにはトイレにも向かえず、布団でしたり、トイレの中でうずくまったり、

日曜という事で、開院してる獣医にしか出せないので、尿毒症が怖く、慌ててつれてゆきました



しかし、本当に高いお金とられて何にもわからず、おしっこを絞りだし、後は、様子をみて。と言われるのみ。

しかたなく、部屋中にシートを敷き詰め、どこでお漏らししても良いようにしました



側には子分のチビが異変を察知し、ずっと張り付いています。

ちょびをずっといたわっていました



その後、信頼できる病院へ駆け込み、事情をはなすと、おしっこが出ないのは、足か腰を傷めていてトイレまで行けないのでは?

と、肉きゅうなどをつまんで反応調べると、確かに片足だけ痛みを感じない。

麻痺してました。



「年寄りだしもしかしたらこのまま歩けなくなれば、介護になることも、覚悟してください。」

と言われ、これも試練かと受け入れました



先生が色々悩んでくださり、少し強い炎症止めが投与になりました。

1錠から始め、電話を入れながら様子で量を減らす・・・、という指示で、

ぐったりしてお漏らししていたちょびでしたが、だんだん薬がきいて、よたよたしながらも、徐々に自力でトイレに。



そして、1週間後には突然、見違えるようにスタスタと歩けるようになっててびっくり!!



そういえば、

飯舘から来た直後には「鼻をえぐり取らねばもう治らない。」と宣告された鼻の癌も、自らの自力の力で鼻をもぎ取らなくても完治したちょび。

今回も、「介護」なんて、どこかへ吹きとばすかのように、順調に治ってきてくれてます

今日も早朝から、私が目を覚ますまで、1時間でも、ひたすらパンチをしまくってきたちょび。



生きていてくれてありがとう







=================

おまけのはなし。


先日見てきた映画の話です。



「明日へ」

韓国の映画なのですが、今の私には共感せざるを得ない。まさに同じ境遇の映画でした



実際にあった出来事の実話なのですが、今、非正規雇用が切実な問題になっています

大型スーパーで働く女性たちが突然解雇契約を打ち切られるというそれが題材になっています



この映画で感動するのが

彼女たちが、団結し、労働組合を結成し、企業権力を相手にストをおこし、つぶされてもつぶされても、負けずに立ち向う。



明日をもどう生きていけばいいかわからない絶望の中を、団結。その気持ちだけで乗り越えてゆく姿。



私も同じ闘いを経験してきただけに、涙がこらえらえませんでした。



日本も、非正規、外注化、リストラに解雇。

労働者がいつも肩身のせまい想いで働いています。



どうか契約が正当でなく苦しんでおられる方、いましたら、

企業、会社のいいなりにならず、アクションをおこしてください。

泣き寝いりはいけません。

周りの仲間と団結し、労働組合を結成する。

組合は憲法で労働三権というもので守られています。

(団結権、団体行動権、団体交渉権)



一人で動いても、つまみ出されるだけです

仲間の団結力が、成功の道です。



この映画でも言われていました「団結は、生。分裂は、死。」

力をじゅうぶんにもらえる素晴らしい映画でした。

同じ境遇の方がいらっしゃいましたら、必ず、観ることをおススメいたします



来月からは、地元のTNRや、近隣の地区の団体さんと猫が大量に殖えた場所でのTNR捕獲お手伝い。

自分の生きてるうちにやっておけることを、こなしてゆきます。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。