シューズは2足❗️ ( ^ω^ ) | 競輪選手会愛知支部のブログ

競輪選手会愛知支部のブログ

競輪選手会愛知支部のブログです



競走に行く時は、必ずレーサーシューズを2足持参しなければなりません。














前検日の検査では、ヘルメットのチェックとともに、レーサーシューズを2足持参しているかどうかも検査されます。





もちろん2足持参していなければ検査不合格となりますので、忘れたりした場合には給品部で買うなりして揃えなければ競走を走ることが出来ません。





そして、その2足のレーサーシューズは、出走する時に出走直前の控え室に必ず持参しなければなりません。





もちろん、それは出走にあたって何かあった時の予備のためです。



 









発走機について発走準備する時などに、このペダルとシューズを固定するサンがプラスティックで出来ているため、割れたりすることもので、その場合に迅速に履き替えて対応出来るよう、必ず出走選手は直前控室の分かる場所に予備のシューズを置いておかなければならないのです。





なぜそこまでの迅速さが求められるかというと、この発走が遅れることによって、次のレースの発売時間が短くなり、売り上げに大きく影響するからなんです。





当たり前の話なんですが、もちろんギヤや車軸の違う車輪も全て交換用として準備してあり、その他部品なども迅速に交換出来るよう準備されております。





売り上げに大きく影響することを考えれば当たり前なんですが、裏ではそのための準備もいろいろきちんと考えられて用意されています。







だから再発走って大きな問題なんですよね、






僕もこの立場になるまで、あまり深く考えたこともなかったし、そこまで気にしたこともありませんでしたが、やっぱり売り上げに大きく影響するんですよね、




G1などグレードが上がっていけばいくほど、売り上げに大きく影響するだけに、僕ら選手もルールを守り、迅速な行動を心がけ、もちろん迫力あるレースでこれからも売り上げに貢献していけるよう頑張っていきたいです❗️













支部長