令和2年1月定例会レポート | 経絡治療学会 阪神部会スタッフブログ

経絡治療学会 阪神部会スタッフブログ

古典医学、経絡治療を共に学びませんか!

1月19日(日)

新年1回目の阪神部会定例会を行いました。

スタッフの竹村が報告します!

 

寒い中、熱心に集まっていただき、和気あいあいと始まりました。

 

午前中始めの講義は太田陽一先生による『腎虚証①』

腎の生理、働きを太田先生らしい切り口で説明。

初めての方にもイメージつかんでいただきましたでしょうか?

 

 

 

 

 

次の講義は竹村による『腎臓と泌尿器の病』

臨床編を中心にお話させていただきました。

腎臓病が主訴でなくても腎臓病の方が治療に来られることもあります。

症状にそって病理を考えながら治療していきましょう!

 

 

 

 

 

 

午後からは絞野昌恵先生、山本悦子先生による『腎経の要穴取穴』

ていねいにひとつづつ説明していきますよ^^

 

 

 

 

 

 

つづきまして各クラスにわかれて実技練習です。

日頃の疑問などをドンドンぶつけてくださいね。

 

 

 

 

 

そして最後は高島実先生による『難経真義解説』

古典に慣れ親しむことが目標です!

 

 

 

 

 

次回は2月16日(日)に行います。

 

 

センター試験、受験、国家試験といろいろ重要な試験のある時期ですが、

皆さん全力を出しきれるように、体調ととのえて臨んでくださいね!

幸運を祈る^^