12月定例会レポート | 経絡治療学会 阪神部会スタッフブログ

経絡治療学会 阪神部会スタッフブログ

古典医学、経絡治療を共に学びませんか!


テーマ:

今年最後の定例会となりました。

阪神部会、ナエダです。

 

 

今回もホームグラウンド森ノ宮を離れ阿波座の会場での開催です。

受講者の皆様、設営・撤収をお手伝いいただきありがとうございました(__)

また、会場の使用時間の関係でタイムスケジュールがタイトになり、申し訳ありませんでした。

 

 

さて、午前のひとつめの講義は今回から阪神部会初の試みとなります分割講義です。

『基礎クラス』と『応用クラス』のふたつを設け受講するクラスを自由に選んでいただきました。

テーマはどちらも『肝虚証』。

 

これまで、初学者と経験者が同じ講義だったので、初学者には難しく経験者には物足りなく感じることがあったのではないでしょうか。

理解度や経験によってより学びやすい形になったのではないかと思います。

 

経絡治療の基本的な考え方を理解する『基礎クラス』では、小島先生がご自分の経験を元に "患者さんが訴える症状や四診で得た情報からどうやって証をたてるか"を講義されました。

 

 

 

 

 

 

ひとつの症状にも病理としていろいろな可能性が考えられます。

その選択肢を増やし証を絞りこんでいくには経絡や臓腑について知らなければできない、だからしっかり勉強していきましょうという内容でした。

 

肝の生理、肝のイメージについてもわかりやすく解説され、講義のあと質問されている方もありました。

次回が楽しみです。

 

 

一方、実際の治療につなげる『応用クラス』では、高島先生が脈にスポットをあてて講義されました。

 

 

 

 

今現れている脈をどう判断するか、なぜこういった脈になるのかの考え方のほか、今回のテーマ肝虚証でよく現れる脈を解説していだたきました。。

 

特に判断が難しい弦脈がどういった脈なのか勉強したあと受講者同士で弦脈を探しました。

 

内容が盛りだくさんで時間が足りなかったようです。

次回さらに深めていきましょう。

 

 

午前ふたつめは大上先生の臨床講義『病症学/眼目』です。

 

 

目と臓腑・経絡の関係や目の病症について講義していただきました。

 

 

 

午後の実技は初級・中級・上級にわかれ、施術者と患者を役割交代して行いました。

 

正しい姿勢で施術することの大切さを再認識しました。

 

 

 

 

 

最後は大上先生による『難経本義』の解説です。第十一難から第十三難まで進みました。

 

 

今回は今年最後の定例会なので、終了後、大上先生を囲んで忘年会となりました。たくさん飲んでいろいろ話ができました。鍼灸のことだけでなく近況報告、院運営の悩み相談、情報交換、家族のことなどいろいろ。

 

 

 

 

 

 

次回は、平成31年1月20日  森ノ宮医療学園専門学校です。

 

皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

 

経絡治療学会 阪神部会 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス