2018/10/21 | 経絡治療学会 阪神部会スタッフブログ

経絡治療学会 阪神部会スタッフブログ

古典医学、経絡治療を共に学びませんか!


テーマ:
阪神部会定例会10月レポート

10時から阪神部会第一回目は阪神部会会長の高島先生の経絡治療概論の総論。経絡治療に始めて触れる学生の方から、10年以上の臨床経験のある先生方が集まり学んだ。高島先生は分かりにくい東洋医学を初心者にも分かりやすく講義されました。分かりやすい!!噛み砕いてたとえられるので難しい内容でもすっと入ってくる。

 次に11時からは、池田政一先生の一番弟子である大上先生の講義です。今日は咽頭部の講義をされました。今の時期には咽頭痛の患者様が多いので、とても勉強になりました。


昼からは、実技の時間。初期、中級、上級に分かれ指導を受ける。


初級クラスの様子↑


中級クラスの様子↑



初級クラスの様子↑上級クラスは、大上先生に直接ご指導指導して頂く貴重な時間。10年以上臨床されてる先生でも、上級クラスの大変は勉強になります。学校を卒業して今まで間違った治療のやり方を指摘していただき、初心に戻る気持ちになります。


15時からは古典を学ぶ講義。古典を分かりやすく大上先生が噛み砕いて古典されました。

次回は12月16日に阿波座会場です。お楽しみに。
阿波座会場です。
http://keiraku-hanshin.com/access.html

経絡治療学会 阪神部会 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ