【両軍スタメン】

大分は前回対戦とほぼ同じ。

うちがぶっこぬいた藤本の代わりをティティパンが務める。

あと、前回対戦では見れなかった岩田が今節では出場。

 

一方の神戸は前節からメンバーの変更は2人。

小川⇒フェルマーレン

藤谷⇒西        です。

なんなら、小川はベンチ入りすらしていないので、アクシデントかも。

まあ、何はともあれいつもの4バックではなく、3-4-1-2という奇策を敷いてきた。

そんな、神戸の試合運びをみていこう。

 

【前半の戦い】

■どこへ逃げようというのかね?

大分KOでゲームスタート。

よって、大分のビルドアップから解説。

大分は3バックの両脇がHSに鎮座し、ここがビルドアップの出口に。

2ボランチの片方(前田)が1列降りて鈴木と同じ列に入り、GK+アンカーとともにスクエアを形成。

ここでボールを保持し、両脇のCBに展開。

両脇のCBはWBをとパスを交換し、

神戸のSBをつり出して、その後ろのスペースにシャドーが走り込むまでが大分のデザイン。

 

それじゃ、神戸の対策。

若干、大分のデザインとミラーになるところがあるところがあるが気にしないでほしい。

この大分のデザインにおいて、アンカーを経由させないことはかなり重要。

そのため、神戸は2トップがアンカーの脇を固めてスタートする。

これで、アンカーを無効化。真ん中の2CB+GKは放置。

アンカーを使えない以上、両脇のCBにしか出せない真ん中の2人は両脇のCBに出す。

そして、両脇のCBにボールが入ったときに2トップはボールを狩りに行く。

近いほうのFWがプレス、もう片方はCBを断つ。

これにより、両脇のCBは選択肢は2つ。

 

GKに戻すか、WBに出すか。

GKに戻したら、自動的にけるので回収して神戸のターンに。

 

WBに出した場合は、シャドーがSB裏に走り込むという大分の狙い通りの形になる。

だが、ここにはCB+山口orイニエスタが付いて行って挟み込んで潰す。

そして、ショートカウンター。

 

そのため、大分のビルドアップは研究され、機能しない状態になっていたといえるだろう。

 

そのため、神戸がボールを持つ時間が長くなる。よって、立ち上がりは神戸の時間だった。

それでは、神戸のビルドアップを見ていこう。

 

大分は3トップが中央+HSを閉鎖し、

中盤は2ボランチを中央に置き、最終ラインは5バックで最終ラインをまんべんなく蓋をする。

そのため、中央はガチガチだが、外側はガラガラになっている。

 

このような守備を仕掛けたのはなぜか?

恐らく、大分は神戸が4バックで出てくることを想定していたからだと思う。

その場合、CBは大外までリスクがでかいため、張りだせない。

だから、SBが下がって受けなければ大外からの前進はできない。

大外からの前進のために、SBが下がれば、大分のWBは高い位置を取り前を向いて守備をできる。

よって、奪った後のショートカウンターを仕掛けられると踏んだのだろう。

 

だが、実際は違った。

神戸は、CBは大外に開き、WBが高い位置を取り、大分のWBを押し込むシステムを採用した。

これにより、WBに頼らないで前進できるようになった。

さらには、HSのMF+CB+WBで三角形を形成。

HSのMFが少ないタッチで大分のWB裏に落とし、そこに神戸のWBが走り込むことが狙いの攻撃だった。

そのため、大分のWBは、後ろ向きの守備をしなければならなくなり、ショートカウンターを仕掛けられなかった。

 

このように、神戸は守備ではハイプレスで大分のビルドアップを寸断

攻撃では、大分の狙いをくみ取ったうえで、その上を行く攻撃をデザインして見せた。

 

■神戸「俺たちだって休みたいじゃん?」大分「・・・」

神戸は守備の仕方を微修正した。

大分のWB+アンカーを山口とイニエスタが対応するように修正。

プレスの開始位置も3バックの横の選手に入ったらじゃなくなった。

 

これにより、序盤ちょこちょこ危なっかしい場面が起きていたシャドーが走り込むスペースを閉鎖。

プレスがかからなくなった分、大分のポゼッション率は上がったが、出口になっていたシャドーの走り込みをつぶされ、前には運べない状態に。

この配置だと、WBのマークがいなくなることが起き、そういうときは運べていた。

しかし、WBで運び込んでクロスを上げても3バック対3シャドーの身長差が響き、チャンスを作れないまま時間が進行した。

 

ちなみに、神戸もビルドアップを微修正したが、大勢に影響なし。

あっさり先制したので飛ばす。

というか、先制点も狙い通りでございました、、、

レッツ後半へ。

 

【後半の戦い】

■逆襲の大分

大分はブロックを引いて中央を通過させないやり方から変更。

3トップが3バックにガンガン突っ込み、アンカーを前田がケアするハイプレスに移行した。

また、WBも連動してなるべく高い位置を取るように。

神戸としては、WBのところでうまくプレスを剥がしてHSのMFを走らせたいみたいな形に。

 

ただ、神戸の攻撃はあまり噛み合っていない。

ハイプレスにビビッてバタついてしまい、攻め急いでいるように見えた。

実際、攻撃に無理に人数をかけすぎてカウンターを受けてしまうシーンが多くみられた。

 

まさに、早くボールを敵陣に運べばその分早く帰ってくるよね?っていうのが立証された感じ。

 

多分、片野坂監督はこの15分で同点弾を取りに来ていた。

恐らく、あのハイプレスを45分間続けるのは無理。

だから、HTが終わって修正するのが難しいこの時間にハイプレスを仕掛けたのだろう。

この時間なら確実に神戸をばたつかせられるし、同点弾を奪えると踏んだのだろう。

 

そして、目論見通りに、カウンターから同点弾を奪われてしまう。

 

セットプレーで前に人数をかけすぎてしまい、クリアボールの処理も3トップにビビり中途半端に。

結局、相手を後ろから追いかける形になり、失点。

神戸の試合運びのへたくそさを露呈してしまった。

 

ただ、失点後はある程度落ち着きを取り戻したのは評価していいと思う。

ここ数試合の神戸だったらズルズル二点目を取られていた。

 

■秩序だったカオス

神戸が立て直した後は、お互いに攻め手を欠く時間に。

体力を消耗する戦いだったこともあり、もうお互いに攻撃のカギだったハイプレスはかけられず。

ボールを回して敵陣に侵入するも、大分はカウンターじゃないと強みを発揮できず。

神戸は丁寧な崩しを意識しすぎて、シュートまで持ち込めない。

結局、シュート数が60分以降両チーム合わせて3本と、塩試合に。

以上。戦いでした。

 

【総括】■戦術家とは戦える理由とは?

前節もG大阪戦に引き分けたが、満足感的には大きな差があるゲームだったといえるだろう。

全くもって、当初のゲームプランが機能しなかったが土壇場で引き分けたゲームと、

ゲームプランは機能したが、ミスで失点し、攻め手にも欠けたこのゲーム。

どちらが良いかは判断は分かれると思う。

ただ、僕としては大分戦のほうが良かったと思う。

そして、G大阪戦でゲームプランが機能しなかった理由を分析したい。

 

まず、簡単に言うと今のヴィッセルはリージョ体制とは違い、受け身のサッカーを展開している。

それはポゼッションの放棄もそうなのだが、もう1点明確な差がある。

それが試合ごとの形に再現性はあっても、各試合(例えばG大阪戦と大分戦とFC東京戦)でそれぞれ全く違うアプローチを攻守に渡って用意したこともそうである。

つまり、相手に合わせて対策を用意しているといえるだろう。(ちなみにリージョ体制はある程度すべての試合で共通のコンセプトがあった)

 

また、試合中の修正をほとんどしない監督でもある。

(今節も前半立ち上がりにプレスの仕方を微修正しただけ。)

 

これらから、おそらくフィンク監督は試合前に相手のやり方を分析し、確実に勝てる方法を1つ採用。

その攻略法を暗記させて試合に臨む準備をしていると推察できる。

ありていに言えば、モウリーニョ式

 

んで、その攻略法が外れたら劣勢に。当たったら優勢になりやすい。

この外れ方には複数の種類がある。

①攻撃PTが決まってなくて全部覚えさせたら覚えきれなかったパターン

⇒湘南、G大阪等

タイトルの通りで、攻撃法に再現性がないから出てきたものを全部対策したら、選手の頭がパンクしてしまったパターン。

負けはしたけど、取り返せる負けだし、勿体ない負け方。

ただ、正直Jでモウリーニョ式をやるとわりかしぶち当たる壁。和式怖いよ。

 

②攻撃PTが多すぎて対処できなかったパターン

⇒横浜FM戦

つまり、完成度で負けたパターン。

刷り込んだけど、選手の質と練度で負けた。つまり、完敗。

 

んじゃあ、勝てる相手とは?ってなる。

一言でまとめるなら、攻撃パターンに再現性があり、1点特化で勝ちに来るチーム。

そして、それが今回の大分だったり、名古屋、FC東京に当たる。

 

このパターンだったら、選手に覚えさせるパターンが少なくなるから、選手への負荷が少なく、勝ち点を計算しやすい相手となる。

残留するなら、こういう相手に勝ち点を落とさないようにしていきたいよね。