【両チームスタメン】

シミッチがまさかのCB起用。びっくりした。

神戸は、郷家、古橋にチャンスが到来した。

 

【前半の戦い】

・0~15分

試合は名古屋のターンから始まった。

ネットを一列下げて、3枚でビルドアップを行う名古屋に対し、神戸は無謀にも2トップがプレスをかけに行く。

まあ、当然のようにボールを奪えず、米本や両SBにボールがわたってしまう。

んで、両SBにボールが渡ると、位置関係的に神戸はSHがプレスをかける。

また、SBにボールが渡ったタイミングで名古屋の2トップが動き出すため、DFラインは撤退を始める。

 

さあ、問題です。この状態で名古屋SHへのプレスは誰が受け持っていたでしょう?

もちろん、両SBからのパスが間もなく供給されるものとします。

正解は『DHのはずだが、誰もやっていない』でした。

 

まず、DHはどこへ行ったか。

大体、SBにボールが入る際には両脇CBからボールが出るのだが、ここに2トップがプレスをかけるため、米本が空く。

そして、米本フリーってヤバくね?ってなった神戸DHが飛び出す。

結果として、SBにボールが渡り、SHへのパスが出る時は、DFラインは下がるが、DHは前へ出ていこうとしているという最悪の状態が生まれる、

つまり、バイタルエリアが空っぽになっているということ。

そして、ここに人数が4人もかかっているし、ボールホルダーにアプローチはできていない。

それはそれは、シュートを馬鹿すか打たれる。

そんな15分だった。次へ。

 

・15~30分

名古屋のやり方に慣れた神戸がボールをうまく巻き上げ、今度は神戸のターン。

神戸は山口を1列下げて3枚に。名古屋は2トップはステイを選択した。

名古屋の特徴は2SHの位置が4トップにも見えるほど極端に高い位置になることがあること。

当然、神戸としてはそこの後ろにボールを集めたい。

そのために、SHとSBをそろえ、内側の選手がDHと大外の選手がSBと勝負する環境を作る。

具体的には、イニエスタを経由しDHの視線を内側に誘導。

これで、SHのマークを外せて2(神戸SH+SB)対1(名古屋SB)の構図を生み出していく。

そして、ここからが本チャンの狙い。

 

神戸は、ペナルティエリア内のHSへの侵入を狙っていく。

左はビジャ。中谷が結構マークを外す傾向があり、うまく視界から消えたビジャが抜け出す。

SBやSHが敵陣中央で合わせるパターンや、山口が直接配給するパターンもあった。

ちなみに、この時に対応するのがシミッチ。

 

右は主に古橋。おそらく、三田・小川に代わって起用された意図も右サイドに得点力のあるウインガーを置きたかったからだと思う。

こっちは、西がSBをつり出してその後ろから侵入することが多い。

 

得点シーンでは、郷家が宮原を引き付けた結果、初瀬がフリーで持ち上がる。

そして、前述の狙い通りビジャが中谷の視界を外れ、狙い通りのエリアへ抜け出して得点に。

ゲームプラン通りとなった。

 

じゃあ、なんでこんな攻撃が循環できていたか。

理由は名古屋の体の向きがそろっていないため。(図で書いた通り、結構バラバラ)

マンマークに重きを置く名古屋はブロックで守ってもその傾向が強い。

そのため、対面する相手に集中した結果として、ほかのところでの変化に気づくのに遅れ、連鎖的に崩される。

本来は、米本+シミッチという危機察知能力の高い2人が高い視野と走力を活かしてカバーする前提なはず。

しかし、この試合シミッチはCBのため気軽に飛び出せない。

また、米本とネットは対面する相手がイニエスタの都合上ほかのところに手が回っていない感はあった。

また、『止める、蹴る、視野をそろえる』がモットーの風間サッカーにおいて視野がそろわないのは結構致命傷。カウンターがうまくいかない要因にもなっていた。

 

・30~45分

先制した神戸はドン引きの構えに。

このまま、前半は逃げ切るという鋼の意思。

よって名古屋のターンに。

神戸は不明瞭だったSHの役割をはっきりさせた。

SHがSBを捕まえ、SBがSHを捕まえる。ただ、オープンスペースでこの守り方をするのはつらいと思うので、実は先ほどから変更なしなのかもしれない。

さらにいうなら、これをするために引きこもった説もある。

 

うざかったのが、ネットがふらふらと上がってSHとDHの間に潜り、そこからSBとCBの間にロブパスを供給する動き。

結構、神戸のDFの対応は怪しかった。

また、

DHから一度後ろに戻す⇒反応した神戸が陣形を上げる⇒SHがパスを呼び込む⇒一気にスピードでぶち抜く。

 のパターンも怪しかった。

基本的に、DHのかじ取りで攻撃の流れが決まっていた。

だから、これは確かに風間サッカーの心臓だなって思った。

 

神戸は全体的に耐える時間だったが、よく耐えたと思う。

では後半へ。

 

【後半の戦い】

・0~15分

前半終わりから上がってくるボランチの対応に悩んでいた神戸。

後半の最初の攻防もここから始まった。

名古屋2ボランチに対し、ネットが上がったら古橋が内側に絞り、イニエスタと2対2で対応。

山口は低い位置に残り、スペースを埋める働きに徹していた。

これらにより、神戸は中央から攻撃されることは減った。

 

しかし、古橋が内側に絞ったことで和泉のマークが外れてしまう。

そのため、ネットが上がってきたら、ウェリが戻って古橋のケアをしに守備に参加するように。

問題点や生み出された効果は後述する。

 

まず、この時間の神戸の攻撃を見てほしい。

この時間の神戸はトランジション時にロングカウンターを仕掛けて活路を見出していく。

両ワイドに開いた2トップが相手SB裏でボールを受けて大きなタッチで一気に前線に運ぶ。

 

それじゃ、ここにどうやってボールを届けるか。

奪ったあと、すぐに前線に送るのは結構難しい。

そのため、中央のイニエスタと古橋に預けてタメを作ってもらい、そこから2トップへ供給する。

この役割の消化をイニエスタはうまくできており、米本と宮原をうまく引き付けてからビジャに送っていた。

 

しかし、逆サイドの古橋は同じタスクを与えられていたと思われるが、相手のあたりに耐えられなかったり、山口に送ったボールを取られたりと、あまり消化できてなかったご様子。

 

なんやかんやで追加点を奪うも、和泉に追撃弾を食らってしまう。

この攻撃はこの時間の神戸の弱点を的確についたものだった。

神戸の弱点は、「カウンターの差し替えしにカウンターを食らう。」こと。

そして、名古屋はSB裏を犠牲にSBとSHに高い位置を維持させることでそれを可能に。

右サイドからの侵攻は防いでいたものの、

左サイドは古橋が内側にいることと、ウェリは攻撃の後のため戻れないために殴られる。

SHは西が食い止めたものの、和泉は完全放置になりスーパーゴールを決められた。

 

ただ、フィンケさん的にはこの失点は予想していたと思う。

なぜなら、カウンターのプランを組むときに名古屋左SBを吉田と予想していたから。

吉田の攻撃力ならフリーにしていても問題ないと思っていたら、超攻撃型の和泉だった,,,

そのため、フリーになると大惨事になるのだが、ゲームプランの上での結構致命的な場所だったためで試合中に変更もできず、完全にやられてしまった。

しかし、その後はよりカウンターのカウンターに強い小川を投入してごまかしてる。

 

・60~75分

この辺りからオープンになってきて攻守のターン変動が15分も持たなくなります笑

だから、両方書くんだけど。。。

まず、神戸攻撃のターン

神戸はボールを持てるようになってくる。

やってることは前半15~30分を簡略化したバージョン。

名古屋の2ボランチの脇をうまく使って殴る。

そのために、4:2を作り、中央後方で2ボランチがうまく前を向けるようにした。

SHに入ることで、神戸のSBが動きやすくなる。

大外を駆け上がってきたSBがペナ角からクロスを上げるシーンが目立った。

 

守備はまあ、不運。

名古屋じゃなかったら決まってねえよ。ドンマイ、初瀬。

しいて言うなら、6トップ相手に4(+2)対6はつらいよねって話。

 

・75分~90分

省略。

全部前で話したから。

 

【雑感をば】

とりあえず、この試合の神戸の準備をまとめる。

≪攻撃(ポゼッションできそうなとき)≫

・方針

名古屋の2トップをうまくすり抜けて、両SHを起点に攻略。

フィニッシュはペナ角からウェリにクロス、ビジャの裏抜けの2パターン。

・なんでこうなったの?

名古屋が4-2-4で守るから。かみ合わせ的に使えるところを選んだ。

・名古屋の対応策は

特に。

名古屋はSH下げろよとは思ったが、カウンター狙いだから仕方ない面はある。

カウンター怖かったし。

 

≪攻撃(ポジティブトランジション)≫

・方針

基本的にイニエスタと古橋が中央で起点を作る。

フィニッシュはウェリとビジャがSB裏からドリブルでCBを抜いてフィニッシュ。

上手くいかなかったら、上のパターンに移行。

・なんでこうなったの?

両SBの位置がクソ高いから。

・名古屋の対策は。

カウンターを刺し返して殴り倒してごまかす。

マジでボールを巻き上げられたのでうんって感じ。

 

守備は省略!!!

≪感想≫

名古屋は強いが、ちょっと自分たちのやりかたに固執気味かなとは思う。

正直、神戸的にはショートカウンター連打が怖かったのでそれやれてたら負けてた。

というか、神戸はリード時は守備的に振る舞うのにゴール割られるのヤバいから改善して…