7/8 新入生歓迎会

テーマ:

7月8日、慶應義塾高校日本拳法部及びOG・OBの方々とともに新入生歓迎会を開催致しました。例年より多い総勢60名ほどの賑やかな会になりました。今年の新入部員は一人一人が自分の強みを活かしたプレーを果敢に見せつけ、早くも頭角を現すほどに成長しています。これからの活躍に期待が高まるばかりです。

まずは11月に開催される早慶戦で優勝するために日々励んでいくことを今後の抱負として全員で再確認致しました。連敗を記録している現状を今年で何としてでも塗り替えたいです!!

私達が部活動に励むことができるのはOB・OGの方々をはじめとした周りの方々が支えてくださっているからです。周りの方々への感謝の気持ちと礼儀を決して忘れずに日々精進していきます。応援よろしくお願いいたします。

 

AD

神奈川県選手権大会

テーマ:

こんばんは。新4年副将の西崎です。

 

更新が滞ってしまいました。

 

明日の神奈川県大会について告知致します!

 

=========================

第19回日本拳法神奈川県選手権大会

3月26日(日) 10:30開会

神奈川県立武道館 柔道場

岸根公園駅から徒歩3分

=========================

 

本塾からは男子団体戦と個人戦での出場となります。

 

この春休みは、各大学拳法部に大変お世話になりました。

 

青山学院大学様、専修大学様、立教大学様

 

明治学院大学様、駒沢大学様

 

各大学からいろんな刺激を受けながら練習に取り組んできました。

 

新チームとして迎える最初の大会ということで、必ず良い報告ができるよう尽力致します!!

 

AD

2016年度夏合宿 2日目

テーマ:
2日目にしていろんな意味で合宿のおそろしさを体感しました、1年生の小熊です。

今日は午前中に部員全員で河口湖を1周し、午後に筋トレと型の確認を行いました。

明日はOBの方々がいらっしゃいます。
滅多にない機会なので、失礼のないよう取り組みたいと思います。



AD

2016年・第一回昇段級審査会

テーマ:
すっぴんという言葉を先に知ってしまい、スピンオフをスッピンオフだと思っていた時期がありました。
すっぴんの更に上だと思っていました。
今にして思えば、すっぴんの更に上って何だよ、という話ですよね。
化粧をとって、アクセサリーを外して、それ以上に何を取り除けというのでしょう。
強いて言うなら、化けの皮でしょうか?
あなたの恋人はスッピンオフですか?

それはさておき、皆さんこんにちは。
三年の中村です。



先日、本年度初となる昇段級審査会が行われました。
普段とは異なり、会場は明治大学和泉校舎。
慣れない場所ではありましたが、そんなことは関係ありません。皆が皆、自分の持てる全てを審査にぶつけていきました。
慶應からは五名が受験しました。
結果は、以下の通りです。

1級、二名受験〇名合格。
初段、一名受験〇名合格。
二段、二名受験一名合格。

本年度初の審査会は、合格者一人に終わりました。
望ましい結果でもありませんし、喜ばしい結果でもありません。
シーズンを目前にして大きく躓いてしまったという状態です。
シーズンに向けて一日でも早く体勢を立て直し、勢いを取り戻していきたいところです。

それでは、本日の更新はここまでとさせていただきます。
大会はもう、目の前です。

新歓最終日

テーマ:
ため息を一つつくと幸せが一つ逃げると言いますが、そんなことを言ったら人生なんて二十代辺りで詰んでしまいますよ。
迷信は迷信。
程よく信じ、程よく踊らされましょう。
しかし、もし本当なら堪ったものではないので、保険のために四葉のクローバー探しを趣味に加えるというのも悪くないかもしれませんね。

それはさておき、二日前の皆さんこんにちは。
三年の中村です。

本年度の新歓も、とうとう終わりました。終わってしまいました。
一年生の皆さん、入りたい団体は見つけられましたか?
在校生の皆さん、手応えはいかがでしたか?
尤も、四日間の内に新歓の全てにけりをつけろというのも無理難題でしょう。
一年生にはもっと考える時間を与え、在校生は寛大な心で彼らを受け入れていこうではありませんか。

当然、拳法部もそのつもりです。
拳法部の部員は、それはもう寛大な心の持ち主ばかりですからね。
寛大というか、壮大ですか。
その心はサハラ砂漠より広く。
その懐はマリアナ海溝より深く。
何にせよ、拳法部では随時、見学・体験・入部を受け付けております。少しでも興味を持ったら、どうぞお気軽にご連絡ください。

最後になりますが、本日は二回目の食事会が行われました。
皆さん楽しそうで何よりです。



それでは、本日の更新はここまでとさせていただきます。
来るシーズンに向け、練習に励んでまいりましょう。