冬の被災「暖の取り方」いただいた回答 | 子どもの命を守りたいと思うママへ もしもの時に備える主婦目線の防災備蓄術

子どもの命を守りたいと思うママへ もしもの時に備える主婦目線の防災備蓄術

フツーに言われている防災の知識がどうもピンとこない。一番は「レトルトや缶詰、インスタント食」など苦手。あんな「毒食」を食べ慣れるローリングストックなんてしたくない。そんなことを考えている母の防災備蓄術。

みなさん こんばんは。

冬の被災、あなたのお宅はどんなふうに
暖を取るつもりですか?



回答が届いていてきています。

 

こちらも合わせてお読みください。

冬場の災害、「暖の取り方」こんな回答いただきました☺️ | 子どもの命を守りたいと思うママへ もしもの時に備える主婦目線の防災備蓄術 (ameblo.jp)

今回も参考になる回答がきています。
3通をご紹介します。
回答くださったみなさん
ありがとうございます。

1番目の方
岡部先生こんばんは。
メルマガ毎日読んでいます。
私は、ハクキンカイロを常備しています。
というのも、私は東北有数の寒さの場所に住んでいました。
普通のカイロは寒すぎて使えません。
ハクキンカイロを毎年使っています
これなら氷点下になっても暖かいし、
何より24時間使えます。ゴミも出ないのでエコでもあります。

あとはアルミが貼ってある断熱材(できるだけふかふかなもの)を
避難セットに入れています。

床からの恐ろしい冷気にこれをひくだけで随分違います。

あと、東北の方にはどこにでも売っていますが、
防寒手袋で「フトビニスター防寒インナー付き」という千円前後の手袋がありますが
これはとってもとってもいいです。
立ち往生した時にはこの作業手袋があると
無いとでは雲泥の差です。
防水手袋はもう、手先が寒くなってどうにもなりませんが、
このオレンジの奴はとても暖かいので、車にも、防災袋にも入れています。

先生のご活躍いつも応援しています。
冬の被災は本当にもう最悪なので、
いつも心が緩みそうになった時に、
先生のブログとhttps://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/detail/#dasID=D0007010436_00000

このアーカイブスを見て(賢い防災準備をしていたお上品な感じの被災した女性の証言です)
心を引き締めています。



✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
2番目の方
 

岡部先生

 

いつもメルマガありがとうございます。

 

非常時の暖の取り方、豆炭など興味あります。

 

他に自分の身体だけ暖める方法でしたら、
私は編み物しますので自然素材の暖かさを知っています。

一般の人の場合は、
ユニクロのヒートテックの下着などとおもうかもしれませんが、
軽くて暖かい動物繊維の自然素材の下着や、
薄いセーターの重ね着はおすすめです。
本物のモヘアーセーターはもっと暖かいです。やったことはありませんが、
こういう服を着て白金カイロなどポケットか腹巻にでも忍ばすことができれば
モヘアの繊維などはエアーポケットに体温を溜めますので結構暖かくなると想像します。

 

番外編的なアプローチですが、上手くいけば一番簡単かとおもいます。

 

ご参考までに!

 

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
三番目の方
 

こんにちは

我が家には薪ストーブと炭こたつがあるので、エアコン無くても過ごせてます。

 

停電の時も、薪ストーブ(ひょうたんみたいな、だるまストーブです)で鍋を温めながら、

もう一方でお湯も沸かせるので、薪があれば便利です。

 

燃えきって炎が上がらなくなってまだ赤い炭を炭こたつに入れて

をかぶせておけば暖かいですよ。

 

最初換気が必要なのと、煙が部屋に行くと部屋の壁等が黒くなってしまいますが、

かえって柱が丈夫になるとか聞いたことあります。

 

といただきました。

どれも、参考になりますね!

私は下記の品を検証をします。
 

ハクキンカイロ
何度も繰り返し使えてしまうカイロで
ゴミも出ないですよね。

豆炭あんか
長時間温かい


エコでそしてずっと温かいもの
検証してまたご報告します。


それでは今日はこの辺で失礼します。

防災アドバイザー 岡部梨恵子