富山セミナーのご報告 | 東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。

1月20日(日)
富山市で防災セミナーを開催しました。
 
 
主催してくれたのは、
講師仲間の大栄美和子さんです。

 

彼女からのセミナー報告を
ご紹介します。

 

【新春特別企画 大盛況】

岡部先生のセミナー、

無事に終了しました。


インフルエンザの猛威の中、

残念ながらキャンセルとなった方も

数名いらっしゃいました。

 

今回、来れなかった方、本当に残念でした。
その方々やまだ知らない方々に

是非とも第2弾をしたい‼️

って思いました。

 

それほど、皆さんに知って欲しい本気セミナーでした。

 

 

目から鱗情報がたくさんあって、

最後は、涙がでました。

 

当たり前の日常が

いつまでもあるとは限らない。

 

災害があった際に、

本気で家族を守れる自信があるか?

 


間違っている情報、世の中に溢れていますね。
知らないって怖いなって思いました。

 


生き抜くための片付け備蓄の視点が

かなり勉強になりました。

 

 

岡部先生、素晴らしい気づきをありがとうございました。
新春特別価格は、正直、あり得ない金額設定でした。

そこも含めて、感謝します。

 

 
 
とのこと有難うございます。
 


前日から富山入りしたので、
19日土曜日は
白エビ丼とお刺身もいただきました。

 

 

 

 

 

お土産は、これ

月曜日の朝食べましたが

家族も大興奮

 

予約しないと売り切れていることもある

厚身のますの寿司

 

肉厚で味も 他では味わえない

限りなく生に近い逸品です。

 

 

また富山に行きます。
お楽しみにしていてください。
 
 
防災アドバイザー 岡部梨恵子