無償が当たり前?連絡いりません。 | 東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。


テーマ:

最近多すぎる!
低価格のセミナー依頼

 


自分のモチベーション下げたくないので、

連絡しないでください。

 

防災にお金かけたくないなら

私に連絡しないでください。

そんな安っぽい防災セミナー

してませんから!

 

 

公共性が高いセミナーは、

行政価格(無料も含む)を求められます。


すると、暗い、

つまらない、実践が難しい防災セミナーが

出来上がる。

 


私のセミナーに対して
価値がわからない人、

組織からの依頼はいらないです。

IMG_20180127_125128801.jpg

それに頼む方は、

自分自身はしっかり収入もらっている方々ですよ。
他人には無償でとかボランティア価格で・・・とか
言ってくる気持ちが理解できません。

 

Kさんからのコメント

 

ボランティア同然の講師料で

良質のセミナーが長続きできると思っている人(依存性が高すぎ)がいる限り、

防災の質は高まりませんよね。
個人的な考えかもしれませんが、

「自助」すなわち自分でできることは自分でやるという気持ちと、

適正な講師料を負担するのは当たり前だという思いとは、

シンクロするのではないでしょうか。

 

 

Tさん

経費節約の面だけ強調されると

価値が下がりますし、相手の本気度が下がりますので、

講師料を下げろと言う要求受けても

そこは譲れませんよね。

Tさん
公共性が高い仕事と認識されると

行政価格を求められるので、要注意ですね。

 

岡部から

 

講師料値下げ交渉されたら、

セミナーや講演会の格が

下がるだけですよね。

 

依頼者の
クオリティーは高く、
しかし価格は出来るだけ低く

って何それ・・・?

連絡いらないです。

こんなところからは

 

 

防災アドバイザー 岡部梨恵子

岡部 梨恵子(オカベリエコ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります