さむい~備蓄用毛布検証! | 東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。


テーマ:

備蓄用毛布の検証を

 

12月から5月までやってきました。

 

長い期間ですねって?

 

だって今5月ですが、

昨日今日は

寒いですよね!

 

この前夏日だと言っていたけど、

 

昨日今日と寒い

冬物コートでもいいくらいでした。

これはアルミブランケットを

羽織ってベランダに立っています。

 

 

そういえば、

2016年4月に起きた

熊本地震では、

 

寒暖の差が激しかった。

寒い日があったと思ったら、

翌日は一転、

日中の最高気温が25度を

超える暑さの日もありました。

 

 

寒暖差が体にこたえた・・・

と被災者の方から聞きました。

 

6月にも梅雨寒もあります。

 

 

なので防寒対策は

とても大切です。

 

 

セミナーでエマージェンシーブランケットを

紹介しているところ

 

 

私は避難所に指定されているところで

毛布の使って検証しました。

 

 

*ここの体育館ではないですが、同じように避難所になっている体育館で

検証しました。

 

 

そしたら

 

やっぱり避難所は

 

寒いのがわかりました。

 

夏は夏で暑いのでしょうがね・・・

 

 

大地震で避難所する時、

 

避難所に行ったら必要でも

非常持ち出し袋に入るかというと。。。

 

 

入りませんが・・・・

 

それじゃ

ジャンパーは着て行くとして、

 

避難所に着いた後に

使う非常用毛布とは?

 

 

コンパクトに収納できる

エマージェンシーブランケット

これがですよね。

 

 

https://amzn.to/2FXt9oF

参考価格 637円

ガサゴソする音が出ない!

 

 

これなら手のひらサイズなので、

非常持ち出し袋にきっちりと入った。

 

 

しかしなんとか、

毛布を

どうしても持って行きたい場合、

非常持ち出し袋にくくりつけてとか、

工夫をしたら出来そうですね。

 

 

いろいろな防災毛布を試させていただきました。

 

日頃しまっておくことを考えたら、

害虫予防の意味で
使うまで真空パックに入っている方が

安心ですし、コンパクトで

備蓄もしやすいです。

特殊フィルムによるパック効果で、
品質の劣化もほとんどありません。

価格ですが、
2,000円~4,000円くらいのを
検証しました。


でも・・・
そこまで違いはなかったです。

薄手でやはりこれだけだったら

寒いだろうという肌触りです。



厚手ですごくいい毛布は
あるのです。

それは

もうたんかといいます。

担架にもなる
もうふは厚手でとても温かいのです。


備蓄している時も
真空パックで入っているので
かさばりもしません。

参考価格 19,016円
https://amzn.to/2jK5zTH
 

ご参考にしてください。

 

 

 

 

しかし・・・値段もあるのでと

いう方へ

 

薄手の毛布は、

どれも持って行けるくらい、コンパクトにも

なっています。

 

だから、

結局それだけでは薄くって

 

寒いです。

 

 

 

そこで、寒い季節の避難の時には、

着こんで避難することをお勧めしましょう!

 

 

ロングのダウンコートが

いいですね。

 

 

 

 

できたら、

 

下着、ダウンコート

アウターと着てほしいのです。

それがとても温かいからです。

 

避難所に到着したら、

 

その上から毛布で、

そしてその上から

 

 

エマージェンシーブランケット

を羽織りましょう。

 

 

ダウンジャケットは

より温かくなる

着方をしてくださいね!

 

ポイントは、

出来るだけ温かい肌に近いところで

ダウンジャケットを着ていただきたいのです。

 

順番は、

 

①下着のシャツなどを着る

②その上にダウン

③最後にアウターを羽織ります。

 

この順番で着ていくと

より温かいのです。

 

注意点は、

ダウンは雨に弱いことです。

これも知っておきましょう。

 

 

 

 

 

被災直後は、

寒さ対策は、

ダウンジャケットを

着こんでから避難所に行くが

いいと思います。

 

 

復習です。

順序

①シャツの上からダウンコートを着る

②その上からアウターを着る

 

避難所到着、

 

③持ってきた毛布か支給された毛布を羽織る

④エマージェンシーブランケットを羽織る

 

 

です。

 

ご参考にしてください。

**************************

 

私は本気で防災を

あなたに

お伝えしたいです。

 

 

普段でも作りたくなる、

 災害時にも役立つ

パッククッキングレシピ集を

無料でプレゼントします!

 

 

 

【下記をクリックしてください】

 http://okabe-campaign.com/recipe/

 

 

大切な人を守るための

防災を、あなたに

お届けしたいです。

 

 

防災アドバイザー 岡部梨恵子

 

 

 

 

 

 

 

 

岡部 梨恵子(オカベリエコ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります