被災後のトイレ問題は深刻・・・だからやること | 東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。


テーマ:

災後一カ月で困ったことの第一位は・・・?
東日本大震災で、市内86%が液状化被害のあった
浦安市民のアンケート結果
これは知っていていただきたいです。


トイレ問題

首都直下型地震の後149万人がトイレ難民に

なると言われています。

まずは東日本大震災の被災地の宮城県の

アンケート結果を ご紹介します。

災害時でも、排泄は待ったなしだと思いました。

東日本大震災のあと何時間で

トイレに行きたくなりましたか?という質問に、


3時間以内にトイレに行きたくなった人は 31%

6時間以内は67%


の回答
災害時といえども、排泄はがまんすることが

できないですよね!


(宮城県気仙沼市の小学校の保護者36名に聞いた結果です。)

それでは浦安市での「震災復興に関する市民アンケート」の結果  


回収数 1,486 人

最も多かった困ったことは、生活用水もなのですが、

トイレがずっと使えなかったことです。

①「上下水道が使えなくなった」 83.0%


② 食料品の確保に苦労 51.7%、


③ ガスが使えなくなった30.8%、


④ 帰宅困難となった29.7%、


⑤ 停電(計画停電を除く)19.5%


やはり簡易トイレセットの準備は必要です。


岡部の家もそうでした・・・

被災後、我が家もトイレの排水管の使用できなくなり、
排泄物を捨てることもできず、
ベランダで保管しなければならないという
生活を強いられました。


この経験をもとに、災害時の非常用トイレ備蓄の必要性に
ついても積極的に導入を啓発してきました。


しかし、携帯用トイレの備蓄を進めるものの、
既存の携帯用トイレやビニール袋ではニオイを
遮断することができませんでした。


もしも真夏に大震災が発生したら・・・と
思いつつも、排泄後のニオイ問題については
半ばあきらめていたのです。


そんな中、様々な携帯用トイレを試していたところ、
赤ちゃんのおむつの処理袋として発売していた
「驚異の防臭素材BOS」に出会いました。



実際に排泄物を入れて数日間放置してみたところ、
その存在に気付かないほど全く臭わないという結果に驚き、
以後、災害備蓄用のトイレとして「BOS」をみなさんに
おすすめしています。

人工肛門を付けている人が使う医療用に開発された袋です。
臭わないわけですよね。

ホームページ クリロン化成 ttp://www.kurilon.co.jp/

BOS         http://www.bos-bos.com/

 **********************************************
8月29日 札幌でのセミナーのお知らせ

  

http://lifeorganizershokkaido.jimdo.com/



 学校、企業、行政機関などでセミナーをさせていただいています。
お問い合わせいただきましたら詳しくご説明させていただきます。
ご連絡お待ちしています。
 
http://ws.formzu.net/fgen/S50308425/


岡部のPV動画 6分ほどです
是非見てください。

 
https://youtu.be/87S7cegYXgU


ランキング参加しています
ポッチっとよろしくお願いします
 
     

 






岡部 梨恵子(オカベリエコ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります