3月18日の演奏会でお世話になった、猪苗代の小桧山さん宅、だけどいちおう^^; Studio MIYUという名前が付いています。
昨日は、ここで、後藤泉さんのベートーヴェン、ソナタ32曲を聴く会の第5回目の演奏会がありました。
 
こんな感じで↓、畳の上に、パイプ椅子を並べ、襖を開け、4部屋つなげて、サロンホール(???)にしてあります(笑)
{D34C9EFB-F939-4022-9A30-8AC3E74B03B7}

 

昨日は、ソナタ13番と14番月光と28番。

 

合間に、中学生1年生の今井こうせい君が、バッハのイタリアンコンチェルトと、ベートヴェンの19番と悲愴の3楽章を弾いてくれました。

 

ここにお客さん50人以上。

 

正直、ホールとしたら響かないし、外では犬が吠えたりするし、演奏会の環境としては、良くないかもしれない。

 

でも。

ヨーロッパでは、こんな風に、サロンコンサートや、なんてことない場所でも、普通にコンサートが行われているらしい。

 

小桧山さんは、そんな風に身近に音楽会がある社会を作りたいと思っている。

 

だから、これで、いいのかなと。

かしこまったところで、いい音がするところでだけで聴くのが音楽会じゃない。

 

そんなあったかい演奏会でした。

 

ホールのような響きはないけど、泉さんの一音一音の音、タッチの感じがとてもよく伝わりました。

月光のソナタは、特によかったですねー。1楽章の一音一音の響きは、心に染みました。

 

演奏会の後は、お客さんたち自ら椅子を片付け、テーブル出して、

盛り付け、配膳などもやって、おそばを食べる(笑)

 

{03D18CC3-9D6D-4E72-8C81-A8D9699725C1}

 

そして、その食事が、想像以上に豪華!!

{A43EB432-8622-4EAD-BD48-5815B70C1C7C}
これだけの食事付きで2500円は安いぞ!
 
50人中半分ぐらいは初めてのお客さんでしたが、アットホームすぎてびっくりしたでしょうね^^;
 
そして、お土産付き。
これ↓、なんだか分かりますか?
{493113DF-BFC7-45E7-89E9-0CD87E9F637B}
凍み餅。
一つ一つ丁寧に紙で包んで干してあります。
小桧山さん、「凍み餅と銀杏、持って行って~」って(笑)
 
親戚の集まりみたい。
 
この32曲を聴く会、第6回は7月8日(日)。
泉さんの前座で、私も花憐団として演奏します。
 
おもしろいから、来てみてね。