かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め

先週、FMでお話しした「セルフトークマネジメント」は

マザーテレサのことばをいただき、

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

つまりは、その行動が運命(生き方)を決めるというもの。

 

そりゃあ、人生いろいろ。チラッと腹の立つ場面は多々ある。

さんざん相談に乗ったのに利用するだけしたらあとは知らんふりの人。時間を返せ!

貧乏でも持てる蓄えはみんな使って度々ごちそうしたのにお礼の一言も無い人。

心配して心配して夜も眠れぬほどその将来をいっしょに考え支援したのにそれっきり。

いただいたご恩を返さぬ輩はけっこう多い。

けっしてお礼が欲しいのではなく、気持をことばで表すことを忘れて欲しくない。

 

でも、私の周囲には本当に困ったときにいつもいつも駆けつけてくれる人たちがいる。

 

昨日もご自身の異動や仕事がたっぷりあるのに事務所に駆けつけて下さり、貴重な休日を

私のためにご夫妻で一日中駆けずり回って下さる。

 

何だかんだと言って本当に私は幸せだ。のご恩は忘れない。

いつも心に刻んでいる。

そして、この人たちのためにはできることは何でもさせていただこうと思う。

 

そういう大人がたくさんいれば子どももその姿を見て育つだろうに。