【何かゾワゾワ①…食レポ】

日本語の乱れは日々感じるものの、最近は昔と違って許されることばも多い。

「食べれる」「見れる」などのら抜きことばは本当に耳障りが悪かったが、

どうやら今はそれも許されるらしい。

ことばは時代によって「当たり前」が変化するのね。

 

で、「一人大食い選手権」の私としてはテレビの食レポにやたらゾワゾワする。

まず、パクッっと物を口に入れていきなり「おいひーっ」

こら、味わっていないだろう。

しかも、食べ物が口に入ったまましゃべるな。見えるっ。行儀悪い(-_-)

そして「うん。食べやすいですね。」

コラッ、食べ物に食べにくい味食べやすい味もあるものか。

要するに不味いんだろう。

 

「これなら、男性にも食べやすいですね」

男女共同参画社会において、それはどういうことか?

 

「やさしい~」

要するに味が薄味いんだろう。

 

美味しいものは本当に美味しいのだ。

素人のリポーターもどきが食べたとたんに「んんんんん~」と大けがをしたみたいな苦悶に満ちた顔をするのも釈然としない。

 

歳をとるとつまらんことに、イチイチひっかかる今日この頃