【パニックにならないこと】

 昨日は、楽しいTOKYOライフを気持ち良く終わるはずが、

 都内は異様な濃霧。

 羽田空港は朝から軒並み欠航便が続き大変だった。

 そんなこととはつゆ知らず、これまた楽しい研修を終え、お友だちまででき、あとは羽田でゆっくりお買い物でも…と思っていたら、何と私 の乗るはずの便までチェックインができません。

 空港ロビーは座るどころか、立つ場所もないほど大混雑。

 ひぇええ、帰れない?

 飛ぶか飛ばないかわからぬ便の動向を掲示板で確認するしかない不安。

 飛ばないならさっさとホテルをとって銀座でお一人様豪華dinnerでもするのに。

 ギリギリになって「欠航」の赤い字が出る便がたくさん…。

 空港内に響きわたる大きな声で係の方に怒鳴り散らしている男性。

 担当の方が悪いわけではないのに、よっぽど困ったのでしょうか。

 やり場のない怒りなのか…。

 私はというと、とにかく座りたい。

 JCBのカードラウンジもいっぱい。

 が、奇跡的に空いた席に案内していただき4時間。

 PCを持参していて良かった。

 飛ばないものは飛ばないのだから、次の手を考えないと…。

 旅行社に電話をして、万が一のためのホテルと翌日の一便を押さえてもらう。

 とても信頼できる旅行社の方々。

 運行状況(見通し)を空港より詳しく調べてくださる。さすが!!

 あとは、待つしか無いのよ。

 これまた奇跡的に私の便だけ2時間遅れで21:30に羽田を出発。

 その前は全て欠航でした。ラッキー!! 私はツイている。

 ともあれ、自宅に到着したのは25:00。

 すでに「今日」ですとも。

 眠い目を擦りお風呂に入り、26:30就寝。