大下健一郎の日記

大下健一郎の日記

私の周りでおこる楽しいことを日記に記しています。

先日のことですが近所の家の外壁塗装工事の挨拶に業者の人がやつてきました。
挨拶だけなら良いのですが私にも営業がありました。
とにかく安いというのですが、安いだけで外壁塗装が決まるわけではありません。
なんだか馬鹿にされたみたいで不愉快でした。
私はこれまで多くの人に出会ってきました。

礼儀としての謙遜は良いかもしれませんが、本気の謙遜はしないほうが良いと思っています。

といいますのも、仕事がたいへんにできる人たちは自分の仕事に誇りを持っていますし、決して誰でもできるとは言いません。
かんたんに自分ができることは、他人もできると考えがちですが、そうではないと思います。

人間には向き、不向きがありますので、自分では簡単にできることでも他人はできないことがたくさんあります。

自分の力を信頼して、自分に自信を持つことが大事だとおもっています。

何をやっても自信のない人に比べてうぬぼれでも自分を過信するくらいの方が人生を楽しく生きられると思いました。
浦田直也の暴行事件がワイドショーで人気がありますね。
確かに私もAAAというグループの存在を知りませんでした。
もちろん浦田直也の存在も知りません。

私自身がショックを受けたのですがAAAというグループが人気グループで紅白歌合戦にも7年連続で出場していることでした。

そんなに実力のあるグループを私が知らなかったことについて驚きました。

でも、他の方のコメントを聞いていると結構、浦田直也を知らないという方が多いですね。

私も少し安心しました。

これなら暴行を受けた女性が「知らない」と浦田直也を只の酔っ払いとはねのけたのも当然でしょう。

テレビが全盛の頃なら紅白歌合戦の出場者は全国的な人気者ばかりでした。

でもネットが普及した今の時代は違うのかもしれません。

浦田直也はその女性に水戸黄門の印籠のような効果を期待したのかもしたのでしょう。

浦田直也の謝罪会見を見ていても、何か勘違いが多そうな人ですね。
イチローが引退しました。

イチローのことで凄いなと思うのはメジャーリーグの過去の大記録を90年ぶりとか、次々に塗り替えたことです。

もう破られることがないような過去の大記録ばかりです。

100年近い昔の偉人達ちを現代に蘇らせたと言っても良いかもしれません。

シスラーがなくなった年にイチローが生まれたことにも不思議なものを感じました。

とにかくイチローは凄い選手です。