うつ病の症状として友人や家族に会いたくないことも | うつ病改善コーチが教える「栄養」で“うつ”を改善する方法

うつ病改善コーチが教える「栄養」で“うつ”を改善する方法

うつ病歴6年の僕だって治った!”うつ”で悩んでる方に自分の体験から、栄養面を改善しうつ病を克服する方法をお届けしたいと思います。


必要な方に必要なメッセージが届きますように!!

うつ病の症状として友人や家族に会いたくないこともあるの??

ストレスを過剰に受けてうつ病を患ってしまった患者さんの症状の例としては朝から不自然なほどに全身にだるさを感じることが大半で一日の中でも朝が特に苦しさが顕著だと言う方が大半を占めるようです。
家族の方はこのうつ病という病気からの心理の変化に最初は戸惑うことが多いと思います。

病気でない時の普通の心理の状態ですと、朝がきますと今日の仕事はこれとこれだけとか、Aさんに会って仕事の話をするとか今度の休日は県外へドライブするとかなんとなくでも計画を立てて先を見ることがあります。
その中には、面白くないこともあって心理へプレッシャーがかかることもあるでしょうが、期待と不安を抱きながら、通勤しているのが病気でない時の通常です。
これがうつ病の症状の状態になりますと、「朝起きるのが一番辛い」という心理になり気分の落ち込みが大きくなるようですね。

どういう心理の状態かと言えば、「仕事など辞めたい」とか「人に会うのが面倒くさい」という気持ちが極端に強まるので、起きていても、体がしんどくて、ベットから起き上がることが出来ないのです。
家族の方はこういう心理になってしまって難しい病気なのではと考えてここで慌てずによく話を聞いてあげてほしいですね。

朝、なんとか目を覚ましてもすぐにお客さんとの商談のことで頭がいっぱいの心理状態になって、誰にも人に会いたくないという心理が働いて、頭痛やメンタル面がひどく不安定で落ち込み続け、ある日の朝起きることが出来なくなりベットから起き上がれないようなことが起きたりします。
心身の状態が不安定であることを正直に真摯に伝えて理解してもらうことで精神的にホッと安定して、商談の件の心配から解放されて少しずつ笑顔が増えて笑う機会も増えていきます。
それから夕方を過ぎると1日がやっと終わったという安心感で、気分も一時的に高まりますが、寝る時間に近づくと翌日のことを考えてしまって気分がふさぎこむ心理になります。
うつ病の症状の人はそのような心理で、繰り返し毎日過ごしている状態でしょう。
人に会いたくない症状は!
うつ病の症状と付き合っていくと、人に会いたくない、家族とも喋りたくない、何もしたくない、という心理になることが度々起こることもあるでしょう。
うつ病の症状のこんな例の特徴で、いつまでも憂鬱な気持ちから離れることが出来なかったり不安感も常に付きまとって人と会うこと自体が何か変なことを言われるのではないかと思い、家族をはじめ誰にも会いたくないという心理になる傾向がたくさんあります。
うつ病の症状の克服へ向けて休養していても、それがもとで家族や友人など周辺の人々はうつ病の症状にどう対応して良いか分からず一人のために振り回されてしまうことがあることもたびたび聞きます。
自分もこのような経験がありますが、友達と街で会う約束をしていたのですが、当日直前になってやっぱりうつ病の症状が酷いから家族や友人や誰にも人に会いたくないという心理が働いて、家族との会話もまともに続かなくなり、うつ病という病気の症状が出るようになるとこのようなことが現われるようになります。
「うーん」とうなずくだけだったり喋ったとしても片言を喋るだけですごく疲れたりします。
まわりの人からの心理を見ればただ単に暗い奴、人付き合いが出来ないコミュニケーション障害、気分の移り変わりが1日の中でも激しい気分屋の偏屈人間な人と思われがちですが、うつ病を患ってしまった本人が一番苦しんでいてうつ病という病気でそんな心理になってしまったことが原因で、うつ病を患ってしまった本人の心理に問題があるとは必ずしも限りません。
他人から理解してもらうことが難しく誤解を受けやすいうつ病という病気がこのような部分で、元々性格に問題がある人なんだと決めつけられてしまって誤解されたまま数年経過してしまうことがあります。
自分も本当にこれは苦しかったです。本来人と話すことは苦手ではないですが、変に緊張したり、話が続かなかったりして暗い印象を与えてしまっていたかもしれません。
理解されにくく本当はうつ病ではなく怠けているのではと相手へ誤解されやすいうつ病という病気であることを相手に理解してもらうことに悩んでしまうこともありますし、誰にも理解してもらえないという不安の心理が働いて不安感が続いていつまでも憂鬱な気持ちでうつ病の症状がより悪くなってしまうこともあります。
うつ病という病気は一生のうちに誰でも患ってしまう可能性そのものはありますが、うつ病を患ってしまった本人でないと苦しさの理解はとても難しいので一人で孤独に深くうつ病の症状で悩んでしまっている人も多いです。
これは実際に自分がそうでした。一人でどうにかしようとする心理が働いて模索する時間が長すぎたのが、後からとても後悔することでしたね。
一人で頑張るなんて本当のところそんなに偉いことではないんです。
家族や友人、知人に助けを求めることは少しも恥ずかしいことではないんです。
自分の失敗のように一人きりで孤独に悩み続けないでください!
一人で抱え込みすぎてうつ病の症状が余計に悪くなってしまった例も珍しいことではないので、このようなうつ病という病気の悪いサイクルをなくすためにも、うつ病を患ってしまった患者本人が家族や誰か親しい人に一人で良いのでうつ病であることを打ち明けてみて、相談された方もうつ病という病気は誰もが患ってしまう可能性自体はあるものだと理解して少しずつでも共感してあげることが大切です。
一人きりで頑張り続けないで!!
うつ病という病気は一人であっさりと短期間で克服することはとても難しいもので人を頼った方が結局は早いものです。
家族や友人、知人の理解と協力があってこそ少しでも短い期間で克服していくこと可能な病気ですので、克服に向けて治療するには周りの方の温かい対応は重要なことです。
当然のように心療内科の先生のアドバイス、投薬での治療が必要な場合も出てきますが、常に周りの味方は家族や友達、知人ですよね。貴方は一人ではありません。今はネット上でも無料カウンセリングのようなものもたくさんあるので思い切って自分の本音を声に出して相手へ伝えてください。
病院の薬もケースバイケースで必要になりますが、ストレスになっている大元の悩みを人に打ち明けてしまうことでアドバイスを受けれたり自分の感情開放になるのでとても良いことです。
うつ病を患ってしまった方にほとんど共通するのが真面目な性格なあまり感情の抑圧しすぎがあります。定期的に吐き出すことがとても大事です。
まず、自分が本当に信用できる家族や友達に救済してもらうことから始めていきましょう。
一人で突然、心療内科など病院に行くなんて恥ずかしいとか、みっともないとか抵抗があっても、家族や友達に相談だけしてみるとか少し思い切って言ってみましょう。
うつ病であることを相談を受けた側もうつ病という病気の理解も大事です。うつ病を患っている人に対して「もっと頑張れ」と気合を入れることを煽ることはもちろん避けるべきですが、反対に甘えてさえいれば一生働かなくても良いなどと考える方向へ行かないように依存しすぎないことも必要です。
家族や友人に協力して手伝ってもらいながら自分自身克服していこうとすることがうつ病の少しも早い克服への過程なので、うつ病の症状に理解と共感しながらも、極端に甘やかすのではなくて適当に距離をとりながらつきあいしていくことをすすめます。
自分だけではなく友人や家族、職場の人間など、本人が分からないうつ病かもしれないサインを見つけて、適切な対応をすることも大切です。
そうはいっても、素人の独断でで治療を始めるのはよくありません。
ひょっとしてと感じたときは、家族に本人の状態を相談などして、病院に相談してみることが大事ですね。

私自身の体験

うつ病になってから長期間たった頃から人に会いたくないという心理になりました。

もちろん一番初期のころはあまりにもしんどすぎて四六時中ベットから起き上がれないほどだったので人に会いたくないどころではなかったですが、少しうつ病の症状が良くなってくると自分が病気をしていること、20代前半という若さなのに働いていないことなどが心のブレーキになって人に会いたくないという心理になっていきました。

会ったとしてどんな話をすれば良いか分からないし、皆は社会人として働いているので話が合わなくなって精神的によけいしんどくなるという心境になりました。

そのころは心身の状態も不安定だったので人間関係のちょっとのストレスでも酷く憂鬱になったりしていたので人に会うと余計に疲れていたので人に会いたくないということもありました。

もう少し回復してからは人に話を聞いてもらうことが心身の状態のバランスを整えてくれるようになってきたので段階もあると思います。
私自身が良かったと思えるうつ病の克服にオススメのサプリメントはこちら